熱中症とは、体温が上昇して体温調整機能のバランスが崩れ、体内に熱が溜まってしまう状態で、環境要因・身体要因・行動要因の3つが原因とされています。

環境要因としては、気温や湿度の上昇、強い直射日光、風通しの悪さなどが挙げられ、身体要因としては、幼児や高齢者、病後などで体力が十分でない状態、水分不足による脱水状態などが挙げられます。また行動要因としては、炎天下での長時間の活動、水分補給や休憩が十分にとれない状態などが挙げられます。

症状はめまいや立ちくらみ、顔のほてり、筋肉痛や筋肉の痙攣、足がつる、倦怠感や吐き気、頭痛、異常な汗のかき方(何度拭いても汗が出る、もしくは全く汗が出ない状態)、体温が高く皮膚が赤く乾いている、自分で歩けない、水分補給ができないなど様々で、特に、呼びかけに反応しない意識障害がみられる場合は、重症の可能性が高く速やかな治療が必要です。

熱中症の症状が出ている人を見つけたら、涼しい場所へ移動させて衣服を緩める、または上着を脱がせて体温を下げる、水分・塩分を補給するなどの応急処置が一般的ですが、素人判断は危険ですので、早めに医療機関に連れて行く、救急車を呼ぶなどの対応も考えましょう。

ここまで熱中症をテーマに夏の暑さのデメリットを述べてきましたが、工務店としては、暑くても晴天が続く夏は工事が順調に進むというメリットがあります。またレジャー業界やビール業界など夏の暑さの恩恵を受ける業界もありますし、夏の暑さや晴天が農作物の生育にいい影響を与える場合もあります。

暑さにただ愚痴を言うのではなく、自然が我々に与えてくれた夏という季節に感謝をしながら、上手に夏を乗り切りたいものです。暑い夏にも感謝!感謝!です。