スタッフブログ

30代で庭付きの家づくりをしよう!

30代で庭付きの家づくりをしよう!
2022.2.26(Sat)

庭は暮らしを豊かにする

【富士・富士宮・三島・沼津で新築一戸建て木の家ならエコフィールド】

こんにちは。

エコフィールドの広報担当佐野です。

 

今日は庭づくりについてのお話です。

あなたは家づくりで庭のある家をお考えですか?

それとも庭のない家をお考えですか?

世論調査によると、

戸建が欲しいと考えている方の理由として、

庭が欲しいから、ガーデニングをしたいからなどという理由が多いようです。

 

なぜ庭が欲しいという理由が多いのかというと、

●趣味を楽しめそうだから

●子どもやペットがのびのびと楽しめそうだから

●日当たりや風通しが良さそうだから

という理由から、庭が欲しいという方が多いようです。

 

一方で、庭はいらないとお考えの方は、

●虫が来るからいやだ

●手入れが面倒だからいやだ

●周辺の人の目が気になる

という理由で庭をつけたがらない方も一定数いらっしゃいます。

実際に、私の家では庭がある家に住んでいます。

幼少期の頃の庭は、木々が生い茂り、

いろんな植物が植えられていた庭でした。

子どもの頃は、いろんな虫や動物が出ていたので、

絶好の遊び場でした。

ですが、

家族の成長と共にライフスタイルが変わり、

車も増え、庭を変えようということで、

植えられていた木々は撤去し、家庭菜園ができる畑と松の木は残し、

新しい庭にリノベーションしました。

母はガーデニングを楽しんだり、父は家庭菜園を楽しんだり、

広くなった駐車スペースでBBQを家族や友人で楽しんだり、

庭があることで暮らしが豊かになっているということは確かです。

ですが、

夏場は雑草が伸びてしまうため、草を取る必要があるのが難点です。

いつも草取りをしてくれている母に感謝です。

今はまだいいですが、年齢を重ねると足腰が悪くなり、

しゃがんで草取りもできなくなってきてしまいます。

また家族のライフスタイルに合わせて庭も変えていかないといけないのかなと感じています。

 

家に庭があるとやはり暮らしが豊かになり、

できることも増えるので、庭がある家づくりをおすすめしたいところではありますが、

庭を取り入れる方に後悔しない庭づくりの考え方についてお伝えしようと思います。

まず、庭にかかるコストをしっかりと考えておきましょう。

庭にかかる費用として、

初期費用(庭を施工する費用、植栽の費用)と

維持管理費用(手入れをする費用、修理する費用)があります。

新築の場合、庭(外構、エクステリア)の工事費用はざっくり100万以上は考えておく必要があります。

一般的に、初期費用は、

住宅の建築費用の1割程度を庭の予算にかけるとちょうど良いと言われていますので、参考に。

 

維持費に関しては、庭の状態や大きさ、植えている物にもよるのですが、

年4~6万かかるとのことです。(業者にも費用は異なります)

どんなことに費用がかかるのかというと、

「草刈り」「剪定」「害虫駆除」「施肥」です。

全部ご自身でやる場合は、費用はかかりませんが、

業者さんに任せると年に4~6万かかるようです。

ウッドデッキもあると、塗装をしたり、張り替えたりなんてこともしないといけません。

維持費に関しては、日々しっかりとお手入れされていれば、

多額な費用を投下する必要はないと思いますが、

ほったらかしにしていると、あとでまとめて大きなお金が必要になってしまいますので、

ご注意ください。

庭に関して諸経費と維持費をしっかりと考えたうえで取り入れるか否かご検討ください。

続きまして、庭を取り入れる目的に注目です。

庭を取り入れたい場合、なんとなく入れたいからというボヤっとした理由で

取り入れるのはやめておいた方がいいです。

家庭菜園や子どもが遊んだり日常的に使う庭にするのか、

ガーデニングなどをして眺めることが多い庭にするのか、

駐車場や駐輪場のスペースのための庭にするのか、

目的を明確にして庭を取り入れるようにしましょう。

また、私の家の庭の場合のように、

家族のライフスタイルの変化に応じてどう庭を変えていくのかということも

考えておくと、老後も安心できるよりよい庭づくりができると思います。

最後に、庭の設計についてです。

全部庭づくりの設計士にお任せすると、後悔に繋がってしまいます。

そこの庭で何をするのか、周りからどんな風に見えるのか、

自分もしっかりと考え、

庭の形はどうするか、大きさはどうするか、植木はどこに植えるか、

庭の設計をしっかりと考えておきましょう。

●室内から庭がどんな風に見えるか

●外からのプライバシーは守れるか

●子どもやペットを遊ばせても安全か

この3つは最低でも考えておくと後悔になりにくいと思います。

 

「費用」「目的」「設計」この3つに気をつけながら庭づくりをしていきましょう。

 

誰もが1度は憧れる、庭付きの新築一戸建ては、

メリットデメリットをちゃんと押さえておけば、

夢を叶えることができます。

家を建てる段階ではなかなか想像できないこともあり、

難しく、失敗してしまうこともあります。

 

ですが、家は一生の内でかなり大きな買い物です。

少しでも後悔しないように家族で相談し、

じっくり検討していただけたら幸いです。

 

エコフィールドでは、庭づくりも一緒に提案する家づくりをしています。

庭づくり、エクステリアに関してご相談がある方は

お気軽にエコフィールドまでどうぞ!

無料相談をご希望の方へ

 

 

 

 

======================================

★エコフィールドの家の事例や間取りが見たい方は【資料請求】へ!

クリック

 

★エコフィールドのモデルハウスを見たい方は【来要予約】へ!

クリック

 

★エコフィールドのYoutubeチャンネルを見たい方は【Youtube】へ!

クリック

◇◆富士市で家を建てるなら『エコフィールド』へ!◆◇

☆エコフィールドって?

”富士市で自然素材を使った家づくりをしている工務店です。”

.

☆他社との違いは?
”『Air断工法』を取り入れた地球にやさしい家づくりをしている。”
.

☆新築だけなの?
”新築一戸建てはもちろん、リフォームやリノベーションもできます。”
”建てた後も安心!イベントやワークショップも行うアクティブな工務店。”