スタッフブログ

外構工事は費用どのくらい?失敗しないためのポイントとは?

外構工事は費用どのくらい?失敗しないためのポイントとは?

佐野 加世子

佐野 加世子
2021.4.13(Tue)

外構工事もしっかりと考えましょう!

【富士・富士宮・三島・沼津で新築一戸建て木の家ならエコフィールド】

こんにちは。

エコフィールドの広報担当佐野です。

 

今日は外構・エクステリアのお話をしようかと思います!

家づくりをしていて、

『外構工事はどうしますか?』

『エクステリアはどんな風にします?』

等家づくりと一緒に家の外の工事についてお話をするかと思います。

外構工事とは、家の外側の工事のことです。

塀やフェンス、門扉・門柱、アプローチ、駐車場・カーポート、駐車場、庭・植栽、ウッドデッキの設置工事など、

建物本体以外の工事のことで、

エクステリア工事とも呼ばれます。

家を建ててくれるハウスメーカーや工務店に外構工事をまとめて依頼できるケースも多いですが、

外構・造園などを手掛ける外構工事の専門業者を自分で探して依頼する方法もあります。

エコフィールドの場合、

家づくりと一緒に外構・エクステリアの工事も一緒にできますので、

お任せください!

エクステリアのデザインを担当する女性スタッフがおります。

彼女のつくるお庭はとても素敵なものばかりなので

ぜひ一緒に考えてみていただきたいところですね!

さて、

この外構の工事意外と失敗するという声があるようです。

一番は、

外構工事費用が後から考えて足りない…という失敗です。

 

外構費用が足りないと後悔しないためには、

外構費用をしっかりと資金計画の中に組み込むことです。

外構工事は、

建物の新築工事を請け負うハウスメーカーや工務店に、

一括して依頼することで、

金利の低い住宅ローンに組み込むことができます。

ですが、

外構工事を別の会社に依頼した場合には、

その費用を住宅ローンに組み込むことができず、

住宅ローンより金利の高い信販ローンなどを借りる必要が出てきてしまいます。

(「信販」とは、この「信用販売」を短縮した用語。消費者金融や銀行系とは異なる大きな魅力を持ったカードローンとして定番の借り入れ先のこと。)

 

信販ローンは一般的に

審査も借り入れも簡単ですぐに結果が出るというメリットはありますが、

金利が高いというデメリットがあります。

外構工事のことも早い段階で計画し、トータルで考えるようにしましょう。

具体的に外構にかかる費用ってどのくらいなのかを見ていきましょう。

【フェンス】

素材や形状などにもよりますが、

幅200cmで5万円くらい(材料・工事費込み)の商品を標準とすると、

それに設置する長さをかけることでおおよその目安を出すことができます。

例えば、フェンスを設置したい部分が20mだとすると、50万円くらいが目安となります。

【駐車場】

カーポートを設置するには、

車1台用で50万円くらいが目安。

なお、

駐車スペースをコンクリート敷きにする場合は1m2あたり1万円くらい、

アスファルトなら1m2あたり5,000円くらいがおおよその目安です。

【門扉・門柱】

デザインのバリエーションもサイズもさまざまですが、

一般的な住宅の面積でシンプルな門柱・門扉にインターフォンなどを組み合わせると30万円くらいが目安です。

【ポスト】

今は宅配ボックスが一緒になったものも多くなってきましたね。

ポスト単体だと2万~3万で、工事費用が2万~くらいです。

宅配ボックスが一緒になっている場合本体だけで10万~くらいで工事費用が2万~くらいが目安だそうです。

 

 

外構工事にかかる費用は、

敷地の広さ(外構工事をする面積)や

周辺環境(隣地との接し方)などによって大きく変わります。

ほかにも、

敷地の境界線に門扉などを設けない「オープン外構」と、

道路や近隣からの視線を遮断し敷地内を見えにくくする門扉や塀などを設ける「クローズド外構」があります。

また、

どのような種類・グレードの建材を使うかなど、

コストのアップ&ダウンにかかわる項目がたくさんあります。

そのため、費用の相場は一概にはいえません。

とはいえ、

一般的な住宅の場合、

外構工事には建物の工事費の1割以上かかっているケースが多いようです。

つまり、

例えば2,000万円ほどの建物を想定しているなら、

外構工事の費用としては、

ざっくりと150~200万円くらいは用意しておくと安心といえそうです。

 

この費用を節約したいのであれば、

建て終わってから自分たちでDIYしたり、

ガーデニングを楽しんだり、家庭菜園をしてみたりして

暮らしていく中で少しづつ作っていくのもありです。

 

家づくりは家本体だけ建てて終わりではありません。

家の回りのこともしっかりと考えて計画的に進めていきましょうね!

 

.

———————————————————————-

◇◆富士市で家を建てるなら『エコフィールド』へ!◆◇

☆エコフィールドって?

”富士市で自然素材を使った家づくりをしている工務店です。”

.

☆他社との違いは?
”『Air断工法』を取り入れた地球にやさしい家づくりをしている。”
.

☆新築だけなの?
”新築一戸建てはもちろん、リフォームやリノベーションもできます。”
”建てた後も安心!イベントやワークショップも行うアクティブな工務店。”

.
●エコフィールドリノベーション専用サイト『エコリノ』●

↓↓

 https://www.ecoreno-fuji.jp/

●家づくりチャンネル●

↓↓

 https://www.youtube.com/channel/UCN-G3JgKtKw_sGRhoygSANg