今回のオリンピックはコロナ感染というパンデミックによって開催が1年延期され、なおかつ、直前になっても感染が収まらず、多くの国民が開催は無理だろうと思っていたのではないでしょうか。

しかし、関係者が出した結論はコロナ禍の中での開催強行でした。個人的にはまさか?と耳を疑いましたが、結局、開催されました。ほとんどの会場が無観客でしたが、TVでの印象は想像していたよりも違和感がありませんでした。そして多くの選手たちが、この現実を前向きに受け止めて、各競技で躍動した姿を見せてくれました。

前回のリオオリンピックよりもメダル総数、国別メダル獲得順位ともに記録を更新し、満足な応援団もいない中、どれほど選手たちが頑張ったかと思うと胸が熱くなります。一番心に残ったのは、柔道で金メダル連覇をした大野正平選手の「われわれの姿を見て、何か心の動く瞬間があれば本当に光栄に思います」という言葉です。

コロナ禍で苦しんでいる当事者の方々は、オリンピックなんてとんでもないと思っていたでしょう。一方、開催か中止かの狭間で苦しんだ選手や関係者たちの気持ちも大きく揺れたことでしょう。そんな中で出場したすべての選手の気持ちを代弁したのが、この言葉だったと思います。

今後のオリンピックの在り方については様々な議論が交わされています。しかし個人的には、選手あってのオリンピックであり、我々は選手たちの活躍を通して、前向きな素晴らしいエネルギーを受け取っていることを忘れてはいけないのではないでしょうか。

コロナ禍ではありますが、多くの感動をいただいたこと、オリンピックに関わって下さいましたすべての方々に感謝!感謝!です。