国が提示しているワクチンの優先接種をする条件に「基礎疾患の有る方」という一言があります。私も、わからないことが多いので調べてみました。
 
厚生省のHPでは2021年3月18日付で以下の内容が示されております。

<1> .以下の病気や状態で通院・入院している方
①慢性の呼吸器の病気②慢性の心臓病(高血圧を含む)③慢性の腎臓病④慢性の肝臓病⑤インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病または他の病気を併発している糖尿病⑥血液の病気(ただし鉄欠性貧血は除く)⑦免疫機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む)⑧ステロイド等、免疫機能を低下させる治療を受けている⑨免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患⑩神経疾患や神経筋疾患が原因で身体機能が衰えた状態(呼吸障害等)⑪染色体異常⑫重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)⑬睡眠時無呼吸症候群⑭重い精神疾患(精神疾患のため入院している、精神障碍者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)
<2> 基準(BMI130以上)を満たす肥満の方

私のワクチン接種の機会はもう少し先になりそうですが、高齢者、医療従事者、基礎疾患のある方から、それ以外の方々へと、これからより多くの方が接種の機会を得られるのではないでしょうか。

現在、コロナ禍が収束に向かっている他国の様子からも、根本的な解決は、リスクは承知しつつ、多くの国民がまずワクチンを接種することではないでしょうか。他国より出遅れているワクチン接種ですが、個人的にはぜひ多くの方々に接種をしていただき、一刻も早くコロナ禍を抜け出すきっかけにしてほしいと思います。ワクチン接種に不満を言う方もいるようですが、ワクチン開発の大変さ、関わった人々の英知を思うと、私は接種の機会が来ましたら感謝して受けたいと思います。

ワクチン開発に関わるすべての方に感謝!感謝!です。