スタッフブログ

高気密高断熱のアイシネンとは...?

高気密高断熱のアイシネンとは...?
2022.2.25(Fri)

地球にも人にも優しい断熱材アイシネン

【富士・富士宮・三島・沼津で新築一戸建て木の家ならエコフィールド】

こんにちは。

エコフィールドの広報担当佐野です。

今日は富士市比奈モデルハウスForetの小屋裏断熱施工の様子をお届けします!

富士市比奈モデルハウスで使う断熱材は、

「アイシネン」という断熱材を今回は使用します。

 

今までエコフィールドは「グラスウール」という断熱材を採用していますが、

今回のこのモデルハウスでは「アイシネン」を採用します。

「アイシネン」という断熱材は、

環境先進国カナダで開発された、水と空気を利用して100倍に膨らむ発砲タイプの断熱材だそうです。

動画を見て分かるように、

建築現場でスプレーによる施工法で、建物の気密と断熱をします。

アイシネンの仕組みは、

2つの材料液であるレジンとイソシアネートを現場で混合させ、吹き付けます。

イソシアネートは水と反応すると膨らむ性質があるので、

このようにもこもこと膨らむのです。

 

アイシネンの特徴は、

●気密性が高い!

動画のように、瞬時に膨らみ、隙間も埋め尽くしてしまうので、

隙間がない気密性の高い家づくりをすることができます!

 

●断熱性が高い!

こちらがアイシネンの中の断面です。目で確認はできませんが、

この中はとても小さくて細かな気泡があり、

それによって熱エネルギーの移動がしにくい構造になっているので、

夏は外の暑い空気を取り入れにくく、

冬は外の冷たい空気を取り入れにくいようになります。

 

●湿気に強い!

アイシネンの気泡の水蒸気圧により、

アイシネンの中には湿気が溜まりにくい仕組みになっています。

 

●吸音性がある!

アイシネンには音や振動を吸収する特徴があります。

なので、外の騒音や雨の音などを吸収し、

部屋の中はいつも静かな環境を創り出してくれるそうです。

これは体感してみないと分からないので、

見学会にお越しください~

 

●燃えにくい素材!

万が一火災が起きて、火が付いたとしても、

アイシネンの素材は炎が燃え広がる素材ではないので、

防火の役目を果たしてくれるそうです。

 

●自然にも人にも優しい素材

アイシネンは、ホルムアルデヒドやVOCを排出しない素材です。

施工している様子を見ると、モコモコ膨らむし、怪しいなんて思われるかもしれませんが、

全米肺協会は、アイシネンが人体に害がないことを認証しています。

 

●劣化しにくい素材!

経年とともに沈下が起きて性能が劣化することはありません。

前に述べたように、湿気を外に逃がす役目があるので、

構造体も守り、家自体の寿命も高まります。

 

●安定して施工ができる!

アイシネンの施工をするには、資格が必要です。

グラスウールのような断熱材は、一般的に大工さんが施工し、

大工さんの腕次第で施工技術が異なる場合があります。

そうなると、同じ素材を使っていても、施工技術がバラバラだと、

性能が発揮できないこともあり、断熱性が低くなってしまうということも起きます。

ですが、アイシネンの場合には、大工施工ではなく、

専門のアイシネンの資格者が施工して2日間かけてしっかりと施工をしますので、

品質にムラができることはありません。

 

このアイシネンを見ることができるのは今しかありません。

3月5日6日に断熱構造見学会を行うので、

ぜひみなさんお越しくださいませ!

ご予約はコチラ→https://ecofield.jp/post-8913/

 

 

 

======================================

★エコフィールドの家の事例や間取りが見たい方は【資料請求】へ!

クリック

 

★エコフィールドのモデルハウスを見たい方は【来要予約】へ!

クリック

 

★エコフィールドのYoutubeチャンネルを見たい方は【Youtube】へ!

クリック

◇◆富士市で家を建てるなら『エコフィールド』へ!◆◇

☆エコフィールドって?

”富士市で自然素材を使った家づくりをしている工務店です。”

.

☆他社との違いは?
”『Air断工法』を取り入れた地球にやさしい家づくりをしている。”
.

☆新築だけなの?
”新築一戸建てはもちろん、リフォームやリノベーションもできます。”
”建てた後も安心!イベントやワークショップも行うアクティブな工務店。”