スタッフブログ

暑い中でも懸命に作業してくださる職人さん達!現場報告です!

暑い中でも懸命に作業してくださる職人さん達!現場報告です!

佐野 加世子

佐野 加世子
2021.7.30(Fri)

ウッドショックの中でも着々と家ができております!

【富士・富士宮・三島・沼津で新築一戸建て木の家ならエコフィールド】

こんにちは。

エコフィールドの広報担当佐野です。

 

今日はエコフィールドの現場の進捗状況の報告です!

 

只今建設中の物件が7件、ご成約をして打ち合わせ中のお客様が9組ほどいらっしゃいます!

そろそろ完成が近い物件、上棟した物件などありますので、ご紹介したいと思います。

 

こちらは富士宮市S様邸のおうちです。

8月28日29日に見学会を行いますので、ぜひご予約ください。

見学会の詳細はコチラ≫

S様のおうちは、夫婦お二人とお子様の3人暮らし。

延床面積は約37坪、4LDKでAir断工法です。

このおうちのポイントは、リビングがピットリビングになっているところです。

↑こちらがLDKの建設中の写真です。手前右側に段差があるところがピットリビングです。

ピットリビングとは、ダイニングなどほかのスペースよりも床が一段低く作られたリビングのことをいいます。

最近Instagramでもピットリビングのおうちが多くみられるようになりました。

なぜ流行っているのかというと、

床が一段下がっているだけで、家の中の空間に動きが出てお洒落な空間に見えるからです。

さらに

小さなお子様や赤ちゃんがいる場合、

この一段下がったピットリビングに寝かせておけば、柵をつけなくても脱走を防いで安心です。

床が一段下がっているので、

掃除のしにくさはデメリットとしてあります…。ルンバも落ちてしまいますね。

でも、

人とは違ったLDKにしたい、個性の出る家づくりをしたいという方にとっては

掃除のしにくさも暮らしの中の楽しみだととらえて取り入れるのもアリだと思います。

ピットリビングはどんな雰囲気なのか?

どのくらいの段差加減か?

どれだけお洒落にみえるのか?

などなど疑問に思う方は、ぜひこの機会を逃さず、見学会へお越しくださいませ~。

(ここだけの話、ピットリビングを見れる現場はここだけですので、ピットリビング取り入れたい方は必見ですよ!)

 

そしてこちら富士市岩淵のM様邸です。

こちらの現場は9月18日19日に見学会を予定しています。

現場の様子はこんな感じです。

断熱材のグラスウール、石膏ボードが張り終わった状態です。

この物件の見どころは、

富士山の見えるバルコニーがあることです。

完成予定パースがこのような感じです。

ご両親と息子さんの3人暮らしで、延べ床面積約30坪4LDKのAir断工法です。

和モダンテイストなデザインで、お酒の好きなH様ご家族は、

富士山の見えるバルコニーでお酒を嗜むのが夢なのだそうです。

間取りもすっきりとした間取りで、年配の方も暮らしやすい配慮がなされています。

子どもも家を出て夫婦2人の生活がまた始まって老後どう暮らそうか、

両親も安心して暮らせる家を建てたい、

そんな想いのある方はぜひ9月この見学会にご参加くださいね!

見学会詳細はコチラ≫

 

全体の写真がなくて分かりずらいですが、

富士市松岡のM様のおうちです。上棟も終わり、中間検査も無事終わり、木工事真っ最中です。

完成予想パースはこのような感じです。

ロードバイクが趣味のM様。このロードバイクを収納できる土間収納がポイントです。

土間は最近人気ですね。

こちら駿東郡小山町のK様のおうちですが、K様のおうちにも土間を設けています。

土間は昔は土足で使えるキッチンを兼ねた空間として使われてきましたが、

現代は、多様な機能性を持った土足で使える床より低い空間として、

様々な用途で取り入れられています。

K様のおうちの土間のようにウッドデッキと繋がる土間にすると、

庭の延長線上として室内を使えます。

また、

家庭菜園などの野菜を置いたり、

バーベキューをするにしてもその道具を土間リビングエリアに置いておくことで、

効率よく、また汚すことなく庭や室内を使うことができます。

また冬場であれば石油ストーブの灯油や薪ストーブも設置できますね!

M様のおうちの土間収納ができてきたらまた写真を載せようと思います!

こちらのおうちは9月25日26日に見学会を行う予定ですので、

イベント情報が出ましたらぜひご予約くださいね!

見学会の詳細を見る≫

 

こちらは富士市今泉のK様邸です。

ご夫婦お二人とお子様の3人暮らしで、延べ床面積約31坪4LDKのAir断工法です。

先日モルタル中塗りまで完了しました。

中はこんな感じです。

太陽光パネルを取り入れたパッシブハウスです。

そして、

収納を特にこだわった設計で、全部どこに何が入るのか既に決めておるようです。

10月頃に完成予定です。

 

こちら富士市中里のH様邸です。

以前上棟式で餅投げをしたH様のおうちですね。

先日外壁の下塗りを終えました。

暑い中丁寧に仕事をしてくださっている職人さん達に感謝です!

こんなに狭い場所で下地を塗っていくのは簡単そうに見えてとても難しいことなんですよ!

実際に塗っている様子を動画におさめていますので、

Instagramのストーリー(現場監督飯ケ濱の現場日記)をご覧ください。

エコフィールドのInstagramを見る≫

 

 

そしてこちら昨日上棟が終わった富士市松岡のO様邸です。

暑い中職人さん、大工さんたちが一生懸命作業してくれています。

ありがとうございます!

この現場もしずおか優良木材の富士ひのきがしっかりと使われています。

完成予想図はこんな感じです↓

外観のカタチが印象的なグレーのかっこいいおうちですね。

完成が楽しみです。

 

そして最後になります。

静岡市清水区S様のおうちです。前回地鎮祭を終え、今は基礎工事中です。

ご夫婦2人暮らしの延べ床面積約29坪、2SLDKのコンパクトなおうちです。

SLDKのSってなんだかご存知でしょうか?

LDKはもうお分かりですよね。

Lはリビング(居間)、Dはダイニング(食堂)、Kはキッチン(台所)です。

Sは、サービスルーム・納戸付きの部屋という意味だそうです。

「サービスルーム」といわれてもどのような部屋かすぐには想像しにくいですが、

サービスルームとは、

ウォークインクローゼット程度のものから普通の居間の大きさを持つものや、

ロフトをサービスルームとして表記しているものもあるようです。

「S」と同じ意味で、「納屋」をそのままアルファベットにした「N」という間取り表記もあるようです。

「納屋」が日本人としては分かりやすい表現ですが、

「S」のほうがかっこよくてオシャレなイメージから不動産広告としてよく使われるようになってるようですよ。

S様の完成予想パースがこのような感じです。

シンプルで飾らないお洒落な雰囲気のおうちです。

こちらも完成が楽しみです!

 

 

以上、エコフィールドの現在の建設中物件のご報告でした!

完成見学会を見たい方はぜひイベントページへ飛んでくださいね☆

.

———————————————————————-

◇◆富士市で家を建てるなら『エコフィールド』へ!◆◇

☆エコフィールドって?

”富士市で自然素材を使った家づくりをしている工務店です。”

.

☆他社との違いは?
”『Air断工法』を取り入れた地球にやさしい家づくりをしている。”
.

☆新築だけなの?
”新築一戸建てはもちろん、リフォームやリノベーションもできます。”
”建てた後も安心!イベントやワークショップも行うアクティブな工務店。”

.
●エコフィールドリノベーション専用サイト『エコリノ』●

↓↓

 https://www.ecoreno-fuji.jp/

●家づくりチャンネル●

↓↓

 https://www.youtube.com/channel/UCN-G3JgKtKw_sGRhoygSANg