スタッフブログ

木を使って森を育てるプロジェクト

木を使って森を育てるプロジェクト

佐野 加世子

佐野 加世子
2021.5.23(Sun)

持続可能な社会

【富士・富士宮・三島・沼津で新築一戸建て木の家ならエコフィールド】

こんにちは。

エコフィールドの広報担当佐野です。

 

先日Instagramを見ていたらこのような広告が出てきました。

みなさんのInstagramでも出てきましたか?

綺麗な森と「森と人」というワードに惹かれて

ついついクリックしてしまいました。

木材不足で木が足りない、林業衰退で森林が荒れているなどの問題が

日本で起きている今、

持続可能な未来のために活動している人たちがいるんだと知りました。

 

ちょっとご紹介しようと思います。

木と暮らす未来プロジェクトのホームページはこのような感じでした。

ホームページを見る→https://kitokurasumirai.or.jp/

この方たちは、

岡山県鏡野町を中心に、伐採された山々に地域企業と連携して植林・育林活動をしているそうです。

岡山県鏡野町ってどんな町なのか少し調べてみたところ、

静岡県富士市と同じく地元の木材を積極的に使って

地元産の木材需要拡大、人口の拡大、促進のため、

補助金を出していたり、木で家づくりを推進している町です。

 

林業が衰退して森林が荒れている地域は日本各地にあります。

地元の木材を使ってもらうよう、市や県が補助金を出しても、

その木材がつくられる森林の自然なサイクルがしっかりと継続的に維持できていないといけないんですね。

富士市は富士ひのきという富士山の麓で採れる最良の檜がたくさん採れる場所です。

富士ひのきを使って家づくりをすると30万円の補助金も出してくれます。

ですが、

木と暮らす未来プロジェクトさんのような

この森と人とが持続的に暮らしていける仕組みがまだできていないと感じています。

 

林業、工務店手を組んで木や自然の価値を見直して

持続可能な社会づくりを創っていけたらなと思うのですが、

何をすればいいのか、

何から始めたらいいのか、

富士市の工務店エコフィールドができることはないかなと考え中です。

木と暮らす未来プロジェクトさんのように、

まずは地元富士市を中心に何か活動がはじめられたらいいなと感じています。

 

.

———————————————————————-

◇◆富士市で家を建てるなら『エコフィールド』へ!◆◇

☆エコフィールドって?

”富士市で自然素材を使った家づくりをしている工務店です。”

.

☆他社との違いは?
”『Air断工法』を取り入れた地球にやさしい家づくりをしている。”
.

☆新築だけなの?
”新築一戸建てはもちろん、リフォームやリノベーションもできます。”
”建てた後も安心!イベントやワークショップも行うアクティブな工務店。”

.
●エコフィールドリノベーション専用サイト『エコリノ』●

↓↓

 https://www.ecoreno-fuji.jp/

●家づくりチャンネル●

↓↓

 https://www.youtube.com/channel/UCN-G3JgKtKw_sGRhoygSANg