スタッフブログ

空き家を補助金でリフォーム、リノベーション!

空き家を補助金でリフォーム、リノベーション!
2020.10.22(Thu)

空き家活用!

【富士・富士宮で新築一戸建て木の家ならエコフィールド】

こんにちは!

エコフィールド広報担当佐野です。

 

今日は

富士市のお隣、沼津市の空き家の補助金について

お話ししましょう。

沼津市では、

45歳未満の世帯を対象に、

『空き家活用定住支援補助金交付制度』

という制度があるのをご存知でしょうか。

 

夫婦のどちらかが45歳未満で、

空き家をリフォーム工事して取得する場合、

★子育て世代(2人以上)のリフォーム工事を最大で50万円、

また、

★子育て世代が空き家を取得した場合100万円、

の補助金が出るそうです。

 

この制度は、

沼津市内の空き家を有効活用し、

若者世帯の移住・定住の促進と

沼津市内に増加する空き家の対策を図るために始めた制度で

予算が無くなり次第終了してしまうそうです。

期限は、

令和2年12月28日(月曜日)

だそうですが、(あと2か月!)

空き家をリフォーム、リノベーションする人が多ければ

無くなり次第終了だそうですので、

沼津市でリフォーム、リノベーションを考えている方は、

すぐに行動しましょう!!

 

この補助金の対象空き家は、

◎居住又は使用されていた市内に存する住宅(※1)

または建築物(※2)であって、

交付申請の時点において、1年以上居住又は使用されていないもの。
※1 一戸建ての住宅(賃貸住宅を含む。)
※2 一棟の建築物で住宅(※1)以外のもの

 

◎補助金の交付決定を受けた日以降に、

売買契約又は賃貸借契約を締結するもの。

 

◎自己の居住の用に供する部分の延べ床面積が

50平方メートルを超えるもの。

 

です。

 

対象となるリフォーム工事は、

◎補助金の交付決定を受けた日以降にリフォーム工事の契約をし、

3月末日までに完了する工事であること。

 

◎工事に要する費用の合計額(消費税及び地方消費税相当額を含む)が

 60万円以上であること。

 

です。

 

詳しい説明は以下のURLをご覧ください。

↓↓

https://www.city.numazu.shizuoka.jp/shisei/iju/topics/20200413.htm

 

空き家をなくそうと

いろんなところで動き始めています。

この間インスタを見ていたら、

奈良県の使われていない学校をリノベーションして

高級ホテルにしたという記事がありました。

とてもきれいでシックなホテルで

学校だったとは思えないほどの内装でした。

外からの見た目は昔の学校ですが、

照明やサッシが変わり一層かっこいい仕上がりになっていました。

新しいですね!

リノベーションは

新たな機能や価値を向上させることですので、

空き家や使われていない商店街の店舗、アパート等の

リノベーションが広まれば、

もっと地域活性化になるのではないかなと思っています。

 

【中古住宅をリノベーション事例】

↓↓

 

.

———————————————————————-

◇◆富士市で家を建てるなら『エコフィールド』へ!◆◇

☆エコフィールドって?

”富士市で自然素材を使った家づくりをしている工務店です。”

.

☆他社との違いは?
”『Air断工法』を取り入れた地球にやさしい家づくりをしている。”
.

☆新築だけなの?
”新築一戸建てはもちろん、リフォームやリノベーションもできます。”
”建てた後も安心!イベントやワークショップも行うアクティブな工務店。”

.
●エコフィールドリノベーション専用サイト『エコリノ』●

↓↓

 https://www.ecoreno-fuji.jp/

●家づくりチャンネル●

↓↓

 https://www.youtube.com/channel/UCN-G3JgKtKw_sGRhoygSANg