スタッフブログ

【富士市でリフォームor新築】意外と知られていない2つの補助金をご紹介します

【富士市でリフォームor新築】意外と知られていない2つの補助金をご紹介します

強矢 麻実

強矢 麻実
2022.5.8(Sun)

【富士・富士宮・三島・沼津で新築一戸建て木の家ならエコフィールド】

こんにちは!

静岡県富士市の工務店エコフィールドの広報・強矢です。

静岡県および各市町村では、リフォームや新築時に使える様々な補助金が用意されています。

 

補助金給付についてはそれぞれ異なる条件があるため必ずしも利用できるわけではないのが難しいところではありますが、

もし新築やリフォーム時に補助金をもらえたらとっても嬉しいですよね!

今回は、意外と知られていない富士市の補助金について2つご紹介したいと思います。

 

まず一つ目は、【多世代同居・近居支援奨励金制度】です。

概要としては、

「富士市では子育て世代の負担軽減および高齢者の安全・安心な暮らしの確保を図るため、多世代で新たに同居・近居するための住宅取得またはリフォーム工事に対し補助を行う」

というもので、最大30万円の補助金が給付されます。

実施期間は令和3年4月1日~令和6年3月31日。

同居ではなく近居の場合は「市内において、同一小学校区又は直線距離で1km以内である住宅に居住すること」が条件のようです。

対象者は、下記の(1)、(2)の両方を満たす方のみです。

(1)下記ア~ウのいずれかの組み合わせで新たに同居・近居すること。
ア「小学生以下の子を養育する者」と「その親」
イ「65歳以上の者」と「その子」
(ウの両者が現に同居・近居していない場合に限る。)
ウ「65歳以上の者」と「その孫」
(イの両者が現に同居・近居していない場合に限る。)

(2)奨励金受領後、多世代同居・近居の状態を10年以上継続すること。

 

新築やリフォームを機に、新たに同居・近居を始めるという方だけが給付対象になるようなので、その点に注意が必要です。

【多世代同居・近居支援奨励金制度】の詳細は↓こちらのリンクから確認してみてくださいね!

https://www.city.fuji.shizuoka.jp/kurashi/c0306/tasedaidoukyokinnkyo.html

 

続いてもう一つの補助金は、【富士市在宅テレワーク対応リフォーム支援補助金】です。

こちらは、「在宅テレワークに対応するためのリフォーム工事に対し補助金を最大50万円まで交付する」というものです。

対象となるのは、

・本人又は同居の家族が自宅でテレワークを行うためのにリフォーム工事を行う方
・週1日以上の頻度で継続的に在宅テレワークを行う方 です。

この制度では、「在宅テレワークに対応するための工事」と「在宅テレワークを円滑に行うための工事」の際に補助金が給付されます。

具体的な工事内容は、

・間仕切りの設置
・造り付け家具の設置
・コンセントの設置
・インターネットや設備の配線 などが挙げられます。

こちらの補助金は工事着手前に申請しなければならないという点に注意が必要です。

【富士市在宅テレワーク対応リフォーム支援補助金】の詳細は↓こちらからご確認ください。

https://www.city.fuji.shizuoka.jp/kurashi/c0306/zaitakutelework.html

 

少しでも新築&リフォーム時の経済的な負担を軽減できるよう、静岡県や各市町村の補助金情報をこまめにチェックするのが大切ですね。

======================================

★エコフィールドの家の事例や間取りが見たい方は【資料請求】へ!

クリック

 

★エコフィールドのモデルハウスを見たい方は【来要予約】へ!

クリック

 

★エコフィールドのYoutubeチャンネルを見たい方は【Youtube】へ!

クリック

◇◆富士市で家を建てるなら『エコフィールド』へ!◆◇

☆エコフィールドって?

”富士市で自然素材を使った家づくりをしている工務店です。”

.

☆他社との違いは?
”『Air断工法』を取り入れた地球にやさしい家づくりをしている。”
.

☆新築だけなの?
”新築一戸建てはもちろん、リフォームやリノベーションもできます。”
”建てた後も安心!イベントやワークショップも行うアクティブな工務店。”