スタッフブログ

blog

スタッフブログ

【人・自然・お財布にやさしい家】パッシブデザインハウスって?

【富士・富士宮・三島・沼津で新築一戸建て木の家ならエコフィールド】

こんにちは!
静岡県富士市の工務店エコフィールドの広報・強矢です。
皆さんは『パッシブデザインハウス』という言葉を聞いたことがありますか?
家づくりを検討中の方なら、耳にする機会があるかもしれません。
家づくりにおけるパッシブデザインとは、風や日光などの自然エネルギーを最大限活用することで、
光熱費を抑えながら夏涼しく冬あたたかい住まいを実現する、人にも自然にもやさしい仕組みです。

エコフィールドの家づくりでは、社名からもお察しいただけるように、
このエコなパッシブデザインを様々な方法で取り入れ続けています。
このブログでは、エコフィールドの得意なパッシブデザインについてご紹介します!

①断熱性を高める
パッシブデザインの基本は、熱の出入りを極力少なくする「断熱」です。
優れた断熱材を使用し断熱性能を高め建物全体の保温性能を向上させることで、冬あたたかく夏涼しい家を実現します。
建物に一定以上の断熱性能を組み込むことは、パッシブデザインハウスのベースとなります。

②日差しを遮る
エコフィールドでは、家づくりの際に屋根の庇を長めに取った家を推奨しています。
断熱性や気密性が大切だという点は一般にもかなり認識されてきていますが、日差しを遮るということに関してはあまり重要視されていないのが実状です。
屋内の温度上昇を防ぐために夏の暑い日差しを室内に入れないための工夫は、夏場における快適と省エネを実現させるための基本中の基本。
断熱性能(保温性能)を高めていくと、夏の室内が少しずつ暑くなっていくという現象が起きるのですが、
この問題を解消するには暑い時期に日差しを遮るためのデザインをしっかり考えることが必要不可欠です。

➂風の流れをデザインする
春や秋、室内で心地よさを感じるための重要なポイントとなるのが「通風」です。
建物の中での風の流れを予測しながら窓の配置や大きさを考えるという基本をおさえた上で、
「卓越風向」「立体通風」「高窓」「ウィンドキャッチャー」といったレベルの高い通風のデザインを施すことで、
室内での自然な心地よさを作り上げます。

④自然光を採り入れる
パッシブデザインでは、陽の光がさんさんと降り注ぐ昼間の時間帯に
わざわざ人工照明を点けなくても過ごせるような間取りをご提案します。
・昼間に長く過ごす部屋には2面に窓を設ける
・それ以外の部屋には少なくとも1面に窓を設ける
ということをベースとして、
他にもそれぞれの生活・暮らしに合った間取りを作るべく、様々な工夫を重ねます。

⑤太陽の熱を暖房として利用する
「日射熱利用」とはその言葉の通り、冬に太陽の日射熱を室内に採り入れて暖房代わりに使うという設計技術です。
ただし、地域によっては日射熱利用暖房があまり効果的ではない場合があったり、
敷地の南側に建物などがあると冬の日射が遮られ十分な集熱ができなくなるため、周囲の環境を見ながら検討する必要があります。

以上が、エコフィールドが考える人と自然に優しいパッシブデザインハウスの軸となる考え方です。
人工のエネルギーではなく自然のエネルギーを活用することで、お財布にも優しいのが合理的ですね。

この夏オープン予定のモデルハウス『Foret -フォレ-』には、きっとマネしたくなる省エネの秘訣がたくさん詰まっています。
グランドオープンは7月9日・10日を予定しておりますので、ぜひ遊びに来てくださいね!

======================================
★エコフィールドの家の事例や間取りが見たい方は【資料請求】へ!
クリック

★エコフィールドのモデルハウスを見たい方は【来要予約】へ!
クリック

★エコフィールドのYoutubeチャンネルを見たい方は【Youtube】へ!
クリック

◇◆富士市で家を建てるなら『エコフィールド』へ!◆◇
☆エコフィールドって?
”富士市で自然素材を使った家づくりをしている工務店です。”
.
☆他社との違いは?
”『Air断工法』を取り入れた地球にやさしい家づくりをしている。”
.
☆新築だけなの?
”新築一戸建てはもちろん、リフォームやリノベーションもできます。”
”建てた後も安心!イベントやワークショップも行うアクティブな工務店。”

0120-603-423

  • 【営業時間】9:00~18:00
  • 【定休日】毎週水曜日・祝日