スタッフブログ

blog

スタッフブログ

エアコン一台だけなのに家中涼しいのはなぜ?【モデルハウスForet・富士市中里】

強矢 麻実

強矢 麻実

【富士・富士宮・三島・沼津で新築一戸建て木の家ならエコフィールド】

 

こんにちは!

静岡県富士市の工務店、エコフィールドの広報・強矢です。

 

暑い日が続いておりますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 

わたしは昨年までとても涼しいエリアに住んでいたので、久々に富士で猛暑を体感してちょっとバテ気味な毎日です、、

 

話は変わりますが、今週、富士市中里にあるモデルハウス・フォレに立ち寄ったときのこと。

その日は気温35度以上の暑い日で、フォレを訪れたのは昼間のいちばん暑い時間帯でした。

 

 

外は立っているだけで汗が止まらないほどの猛暑なのに、フォレの中はびっくりするほどの涼しさ&快適さ!

そのとき、フォレで使用していた冷房器具はエアコン一台のみです。

 

本当に「エアコン一台で快適」だという事実に感動しつつ、より多くの方にこの快適さを体感していただけたらと思った瞬間でもありました。

 

 

新モデルハウス・フォレがエアコン一台で快適なのは、なぜなのか。

端的に言ってしまえば、猛暑の中でもフォレが快適なのは、高気密・高断熱へのこだわりと、全館空調システム「小屋裏・床下エアコン」のおかげ。

 

こちらのブログでは、その秘密についてお話したいと思います!

 

エアコン一台で快適な秘密① 全館空調システム「小屋裏・床下エアコン」を採用!

 

フォレに設置されているエアコンは2台だけ。小屋裏に1台、床下に1台です。

 

夏には小屋裏のエアコンと吹抜けのファンを使用して、冷気を上から下へと下ろしていきます。

 

逆に冬は床下のエアコンを稼働させ、温風は下から上へと流れていきます。

 

夏には小屋裏のエアコン1台、冬には床下のエアコン1台を使い、各部屋に設置された通気口や吹き抜けを通じて空気が循環するシステムになっています。

 

↓こちらは床下エアコン。床下というより半・床下という感じです。

 

この全館空調システムの良いところは、仕組みがとてもシンプルなところ。

 

温かい空気・冷たい空気の自然な流れを活用したこの仕組みは、まさにパッシブデザインハウスにぴったり。

 

使用しているエアコンも特別なものではなく、ごくごく普通のエアコン。

なので、故障したとしても特別な業者に修理をお願いする必要はなく、町の電気屋さんでも修理対応が可能な点も安心です。

 

エアコン一台で快適な秘密② 「断熱材」へのこだわり!

 

はじめに、なぜ家を高気密・高断熱にするのが良いのかというところから。

 

住宅の気密・断熱性能が低いと、いくら家の中で冷房を使用しても、せっかくの冷気が外へとガンガン逃げてしまいます。

もったいないですよね。同時に、外からの熱気も入りやすい状態だと言えます。

 

そこで、家づくりにおいて大切なのが、家を高気密・高断熱にするということ。

 

 

わかりやすく言えば、気密・断節性能が高い=家が魔法瓶のような状態になっているイメージです。

住宅の気密・断熱性能を上げれば、冷房からの冷気が外へと逃げづらく、さらに、外の熱気が室内へと侵入しづらい状態になります。

 

エコフィールドでは気密・断熱性能の向上は快適な暮らしに必要不可欠であると考え、断熱材にこだわっています。

 

現在、エコフィールドでは新たな標準仕様で屋根と壁に「アイシネン」、基礎には「ネオマファーム」という高性能の断熱材を使用しています。

 

標準仕様に則って施工されたモデルハウス・フォレは、HEAT20G2グレード以上(UA値0.44)の高い断熱性、高い気密性(C値0.4)を証明しています。

 

数値でも証明された高い気密・断熱性能だから、しっかりと冷気が室内に滞留して、エアコンをたくさん稼働させる必要がないんですね。

 

エアコン一台で快適な秘密③ 「窓」へのこだわり!

 

冷気や暖気は窓から外へ逃げ、同時に窓から中へと入ってきます。

 

家の中を快適な気温に保っておくためには、「窓」の断熱性能がとても重要。

エコフィールドでは、大きな窓からの心地良い日差しや外の風景を楽しむ暮らしも大切にしているので、窓そのものを極力減らすという選択はしていません。

その代わり、断熱性能の高いトリプルガラス総樹脂サッシを採用することで、大きな窓のある暮らしのメリットを享受することが可能です。

 

春や秋の心地良い日差しは採り入れながら、夏冬には高断熱で快適な屋内の空気をキープする。それを実現するのが、トリプルガラス総樹脂サッシです。

 

エアコン一台で快適な秘密④ 長い軒&庇で日差しをカット!

 

エコフィールドでは、軒や庇のない家・軒の短い家をおすすめしていません。

 

なぜなら、軒や庇は季節に応じて適切に日差しをコントロールする大切な役割を担っているからです。

自然エネルギーを活用する家づくり、パッシブデザインはエコフィールドの家づくりにおける軸となっている考え方です。

 

そのうえで私たちは、冷暖房機器だけに頼らず自ら日陰を創り出す軒や庇の存在が家づくりにおいてとても重要だと考えています。

 

エアコン一台で快適な秘密⑤ 外付ブラインド「ヴァレーマ」で日差しをシャットアウト!

 

フォレでは、環境先進国・ドイツで誕生した外付ブラインド「ヴァレーマ」を採用しています。

 

夏の暑い日、日差しを家の外(家に日差しが入る前)でシャットアウトしてくれるという点が、この外付ブラインドの魅力。

通常の室内に設置するタイプのブラインドでも日差しを遮る効果はあるのですが、窓の内側に設置されている以上、多少なりとも隙間から日差しは室内に侵入してしまいます。

 

ですが、このヴァレーマなら、窓の外側でばっちり効率的に日差しを遮ることが可能です。

 

番外編:家を囲む緑のおかげで目にも涼しい!

 

窓から目に入る緑はそれだけで、気持ちを涼やかにしてくれるもの。

エコフィールドは四季折々の情緒を楽しむために、お庭のある家づくりをおすすめしています。

 

夏場でも、暑さが厳しくない夕方や朝方なら、ウッドデッキで庭を眺めながらビールやアイスコーヒーを飲んでのんびりするひとときは最高だと思います。

 

やはり、自然を通して豊かな四季の変化を楽しめるのは、日本ならではの贅沢。

 

色々とお話しましたが結局のところ、百聞は一見に如かず、論より証拠だと思います。

 

富士市中里のモデルハウス・フォレでぜひ、本当の心地良さを体感してみてくださいね!

【フォレ来店予約はこちらから】

 

8月20・21日にはフォレの見学会を開催予定ですので、そちらのご予約もお待ちしております!

【8月20・21日フォレ見学会のご予約はこちら】

======================================

★エコフィールドの家の事例や間取りが見たい方は【資料請求】へ!

クリック

資料請求

★エコフィールドのYoutubeチャンネルを見たい方は【Youtube】へ!

クリック

Youtube

★エコフィールドのモデルハウスを見たい方は【来場予約】へ!

クリック

来場予約

◇◆富士市で家を建てるなら『エコフィールド』へ!◆◇

☆エコフィールドって?

”富士市で自然素材を使った家づくりをしている工務店です。”

.

☆他社との違いは?

”『パッシブデザイン』を採用し、人と地球にやさしい家づくりをしています。”

.

☆新築だけなの?

”新築一戸建てはもちろん、リフォームやリノベーションもできます。”

”建てた後も安心!イベントやワークショップも行うアクティブな工務店。”

0120-603-423

  • 【営業時間】9:00~18:00
  • 【定休日】毎週水曜日・祝日