スタッフブログ

ウッドショックが到来するのか?世界の戦争が家づくりに与える影響とは?

ウッドショックが到来するのか?世界の戦争が家づくりに与える影響とは?

ウッドショックが到来するのか?世界の戦争が家づくりに与える影響とは?

ウッドショックが到来するのか?世界の戦争が家づくりに与える影響とは?
2022.3.11(Fri)

物の高騰が止まらない...どうする日本?!

【富士・富士宮・三島・沼津で新築一戸建て木の家ならエコフィールド】

こんにちは。

エコフィールドの広報担当佐野です。

今日は東日本大震災から11年が経ちました。

時が過ぎるのはあっという間ですね。

いまだに発見されていない方々が2,500人以上いるとNEWSで報道されていました。

これまでに確認された死者と行方不明者は、

避難生活などで亡くなった「震災関連死」も含めると

2万2207人いるとのこと。

この辛い過去をただの災害で終わらせず、

これからの未来に活かし、

もう災害で人が悲しまない時代がくるように、

今自分にできる精一杯のことをやろうと思います。

 

さて、今回のお話は、

今行われているロシアとウクライナの戦争による、

日本での家づくりに与える影響についてお話をしたいと思います。

令和になってもこんな戦争が起こってしまうのかと、

こんなレベルの低いことをしてしまうのかと、

毎日ニュースを見ては心が痛いです。

 

ロシアは日本と隣の国でありますが、

貿易は中国ほど多くはないようです。

ロシアやウクライナと直接やり取りをしている企業は大ダメージだと思いますが、

日本全体で見ると、ロシアとウクライナの戦争そのものによって

大混乱が起こるということはあまりないとのことです。

ですが、

この戦争によって

値上がり、品薄は、起こってしまうのが現実です。

ガソリンの値上げ、小麦の値上げ、魚介類の値上げ…

これらの物価の高騰により、

他の物価も一緒に高騰することも懸念されています。

コロナでも家計が厳しくなったのに、

戦争によりこれ以上厳しくなってどうなるのでしょうか…。

 

では、

この今の戦争が家づくりにどう影響するのでしょうか。

去年はコロナでウッドショックが起きました。

ハウスメーカーや工務店で木材の品薄状態が続き、

基礎ができても、木材が来るのを待って家が建てられないという状況が続きました。

エコフィールドでは今はウッドショックの問題は回避できておりますが、

スチールショック、

半導体ショック、

フッ素ショック、

様々な建築部材がなくなり、部材や設備が遅延し、値段も高騰してるのはご存知の通りです。

 

今回のロシアとウクライナの戦争により、

またウッドショックが到来してしまい兼ねない状態かもしれません。

日本の木材輸入相手国は、カナダに次いでロシアがあります。

一番ダメージが大きいのは、構造用合板。

構造用合板は、

在来木造でも、床や天井の下地材の耐震性能の重要な部分の部材です。

もはや構造用合板抜きで、高性能な家を建てることは不可能なほど大事な材料です。

ホームセンターでも販売制限が続いているのだとか…。

値段が2倍にも高騰しているとのことです。

今までロシアに頼っていた会社が

代替材の確保に日本の木材や他の木材を使うようになったら、

構造用合板以外の他の木材も高騰してしまいます。

直接影響はなさそうに思えても、

直接影響のある会社が今まで使わなかったものを使いだして、

物がなくなってしまったり、価格が跳ね上がったりしてしまうので、

当面の間は、様々なものの価格高騰、品薄状態が続くのではないかと思います。

 

これらの問題で、

お客様にもご迷惑をお掛けしてしまうこともございます。

最善を尽くしておりますが、

この社会情勢の中で値上げ、遅延をどうしても避けられない場面も出てきてしまいます。

現実的な、工務店視点での対策としては、

余裕を持った工程で、早め早めの発注に努めていくしか手段がありません。

これから家づくりを検討されている方が今できることとすれば、

スケジュールにゆとりをもって、

家づくりのスケジュールを組んでみるということ、

今よりも半年、1年2年先

値段が下がるということはまずないと思うので、

多めの金額を予想しておくということが大事なのではないかなと思います。

金額が上がると、

できることも限られてくると思うので、

自分たちが取り入れたい間取りや設備、

デザインや設計に対して、

優先順位をしっかりと付け、

コストをかけるところはかけ、

かけないところは徹底的に節約するということが

限りある資金の中でも理想の家づくりの近道だと思います。

 

こんな社会情勢になるとはだれも予想していなかったことでしょう。

またこれ以上に大変ないろんなことが起きると思いますが、

理想の暮らしを実現するためにも、

家族で楽しく暮らしていくためにも、

家づくりしっかりと準備していきましょう。

 

世界中の人の暮らしが良くなるように祈っています。

======================================

★エコフィールドの家の事例や間取りが見たい方は【資料請求】へ!

クリック

 

★エコフィールドのモデルハウスを見たい方は【来要予約】へ!

クリック

 

★エコフィールドのYoutubeチャンネルを見たい方は【Youtube】へ!

クリック

◇◆富士市で家を建てるなら『エコフィールド』へ!◆◇

☆エコフィールドって?

”富士市で自然素材を使った家づくりをしている工務店です。”

.

☆他社との違いは?
”『Air断工法』を取り入れた地球にやさしい家づくりをしている。”
.

☆新築だけなの?
”新築一戸建てはもちろん、リフォームやリノベーションもできます。”
”建てた後も安心!イベントやワークショップも行うアクティブな工務店。”