スタッフブログ

大工の手づくり!造作カウンターができるまで~沼津E様邸~

大工の手づくり!造作カウンターができるまで~沼津E様邸~
2022.2.8(Tue)

小口の収まり方

【富士・富士宮・三島・沼津で新築一戸建て木の家ならエコフィールド】

こんにちは。

エコフィールドの広報担当佐野です。

 

今日は沼津市E様の建築中のお家の様子をお届けいたします。

現場監督飯ケ濱より写真と動画をいただきましたので、

早速ご紹介します!

現在沼津市E様のお家は豊常大工さんが絶賛木工事中で、

造作キッチンカウンターを制作している様子をご紹介します。

まずはコチラをご覧ください↓↓

2人係りで持ち上げて設置していますのは、

キッチンのカウンターになる部分です。

使っている材料は、タモという硬い木材の集成材です。

力持ちの豊常大工さんでさえも流石にこの板は1人では施工できません。

出来上がりをみて簡単にできそうに見えますが、

実はとても大変で、腕のある職人さんでないと綺麗に仕上がらないのですよ。

造作を取り入れてみたいというご要望も最近多くなっておりますが、

工務店やハウスメーカーが持つ職人さんの腕次第で、

その造作の出来栄えが変わってきますので、

もし造作を取り入れたいという方は、

造作を取り入れた実際の物件を見て仕上がり具合を確認するといいでしょう。

 

板をはめ込めたらビスで固定していきます。

固定できたのがこちら↓

さて、ここからどんなカウンターになっていくのでしょうか。

写真をご覧ください。↓↓

何やら下と上の部分にまた木材が入りましたね。

これが…↓↓

こうなりました!

奥の方に、システムキッチンが入って、料理をするというスペースになり、

左手前部分に、ダイニングテーブルが来て、主に家族で食事をするスペースになり、

右のカウンターでちょっとした食事や作業をするということになりそうですね。

 

左手前の腰壁の部分に少し穴があるのですが、

これは「ニッチ」と言って、最近インスタグラムでもよく目にしますが、

壁に一部凹みを持たせてそこに小物を飾ったり、

調味料や文房具等の収納として使うというスペースのことを指します。

この部分にタイルをはめ込んでよりかわいくお洒落にニッチを彩る方もいます。

完成が楽しみですね。

そしてこちらご注目いただきたいのが、

腰壁の角の部分の収まりの部分です。

床・壁・天井、その他あらゆる部分でどのような納まりでも、

出隅や入隅で仕上材が交差する部分では、

どちらを伸ばして納めていくかという「勝ち負け」を決めておく事が重要になります。

ここでの「勝ち負け」というのは勝負事という意味ではなく、

「どちらの仕上材を伸ばしておくか」という意味です。

2枚の板を縦と横に合わせる時に、普通にすればどちらか一方の小口が見えます。

小口とは、「切った所・切断面・切り口」という意味です。

みなさんの家にある身の周りにあるものを見てい確かめていただきたいのですが、

例えば、こちらのげた箱ですが、

一番上の板の小口が見えて、下の縦の小口は見えませんよね。

これは上の板が勝っている収まり横勝ちになります。

ですが、

こちらには小口が見えません。

これは、綺麗に45度の角度でピッタリと小口を見せない納まり「トメ」と言います。

トメは手間も掛かるし材料のロスも多い上に、上等仕事と言われています。

私も大学生の卒業制作で木材を使って家具を制作した際にこのトメに挑戦したのですが、

まあ難しいこと!!

技師さんに手伝っていただき、何とかできたという感じですね。

なので、皆さんの身の周りにある造作があったらよく見ていただきたいのですが、

小口が見えない美しいトメになっていたら、職人さんの腕がいい証拠です。

普段はそこまでよく見ないと思いますので、

家づくりをこれから始める方は、

ぜひこの収まりに注目して見学会を見たり、モデルハウスを見たりすると

また違う視点から家を創ることができるので、

おススメです。

 

沼津E様の家づくりを担当している大工の豊常さんはとても器用で

木材でウクレレなんかもちゃちゃっと作るくらい腕のいい職人さんです。

完成見学会を行う予定でいますので、

完成したらみなさん、隅々まで見て美しい仕上がりをぜひ堪能していただけたらと思います!

 

 

 

 

======================================

★エコフィールドの家の事例や間取りが見たい方は【資料請求】へ!

クリック

 

★エコフィールドのモデルハウスを見たい方は【来要予約】へ!

クリック

 

★エコフィールドのYoutubeチャンネルを見たい方は【Youtube】へ!

クリック

◇◆富士市で家を建てるなら『エコフィールド』へ!◆◇

☆エコフィールドって?

”富士市で自然素材を使った家づくりをしている工務店です。”

.

☆他社との違いは?
”『Air断工法』を取り入れた地球にやさしい家づくりをしている。”
.

☆新築だけなの?
”新築一戸建てはもちろん、リフォームやリノベーションもできます。”
”建てた後も安心!イベントやワークショップも行うアクティブな工務店。”