スタッフブログ

玄関やアプローチに使われる洗い出しのメリットデメリット

玄関やアプローチに使われる洗い出しのメリットデメリット

佐野 加世子

佐野 加世子
2021.9.7(Tue)

キラキラ光る素敵な玄関に

【富士・富士宮・三島・沼津で新築一戸建て木の家ならエコフィールド】

こんにちは。

エコフィールドの広報担当佐野です。

今朝は富士山に雪が積もってましたね!

ちょこんと白い雪がのりました。

ちびまる子ちゃんの永沢君のようですね。

朝と夜も肌寒くなってきたので、そろそろ衣替えをしようかと思います。

 

さて、今日は「洗い出し」についてお話します。

先日Youtubeにてとある方からコメントいただきました。

 

”ぬりかべ良いですね✨外壁にホタテの貝殻入れたりしてキラキラ出来たら良いですね✨”

 

壁にホタテの貝殻やキラキラさせた建造物は、

ディズニーシーのマーメイドラグーンのあのお城がぱっと浮かびますね。

(ディズニーシーに行きたくなりました…)

あんな素敵な外壁が実際に家で施工できたら素敵ですよね!

ホタテの貝殻を入れたり、キラキラさせる施工方法というのは、まさしく「洗い出し」です。

「洗い出し」というのは、

伝統ある左官の技法で、舗装をおしゃれにできる方法のひとつです。

コンクリートやモルタルに玉砂利やガラスなどを混ぜ、施工後に水で洗い流して仕上げる方法です。

舗装仕上げの中でも「最強に難しい」施工方法で、熟練の左官職人でないと施工できません。

エコフィールドではこの方法は、玄関の土間に良く使われています。

砂利やガラスなどが浮き出ているので、面は平らではなく、ぼこぼこした触感になるのが特徴です。

 

洗い出しは洋風、和風両方ともデザイン的に合うので、

取り入れやすい仕上げです。

 

では、この「洗い出し」のメリットデメリットについてお話しようと思います。

まずメリットは、3つあります。

1つめ高級感があり美しいこと。

洗い出しであらわになった砂利やガラスは、日の光や照明の当たり具合などによってキラキラと光沢のある光を反射します。

水にぬれたり、磨いたりするとより魅力的な美しさを醸し出します。

 

2つめ凹凸があるので滑りにくいこと。

洗い出しの場合、砂利やガラスの上からセメントを敷いて、

ある程度乾いてきたらその上から布などを使って、砂利やガラスの上についたセメントをふき取ります。

そうすることによって、洗い出し表面は凹凸のある状態になります。

タイルや普通の塗装などの仕上げに比べ、雨の日や冬の時期は滑りにくく、安全です。

小さなお子様やご年配の方が家族にいる場合、転倒や怪我のリスクを避けることもできますね!

でも注意したいのは、

大きすぎる砂利や石の場合、逆につっかえてしまうなんてこともあるので、

洗い出す砂利や石、ガラスの大きさにはよく検討したほうがよさそうです。

 

3つめデザイン性、個性が出せること。

ただのグレーのコンクリートや、タイルでもいいですが、ちょっとこだわりを出したい!という方におススメです。

他の家と同じにしたくないという方は洗い出しを取り入れるのもアリです。

続きまして、洗い出しのデメリットです。

1つめ費用がかかること。

洗い出しはただたんにコンクリートを打つ施工やタイルを貼る施工に比べて、手間と時間がかかります。

手間と時間がかかるということは、その分職人さんの手仕事が増えるということ。

ということは、工事費用がかかるということです。

費用がかかっても、他の施工と比べて良さがあるので、費用をかけて取り入れる価値はあると思います。

 

2つめ職人さんの腕によって多少仕上がりに差が出ること。

工法の特性上、どうしてもセメントが固まる途中に作業をしないといけないということもあり、

その職人さんの腕によってクオリティに差が出ることが多いようです。

施工現場当日の気温や天候・湿度・混ぜ込む砂利の粒の大きさや水分量によっては洗い出すベストのタイミングが異なります。

これは本当に職人さんの熟練の技&センスによるものなので、

洗い出しを取り入れたいなと思った時は

実際に施工した現場を見たり、作業中の職人さんの作業を見たりするといいかもしれません。

 

3つめ10年20年と経年変化により多少ボロつきが出てくること。

セメントは特に接着をしているわけではないのでどうしても、

毎日毎日何にも人が歩いていると端っこの方であったりとか一部ポロポロと取れてしまうことがあります。

例で言うと、バイパスや大きな道路で、道路が一部欠けていたり、陥没していたりするのを見たことがありますか?

あれは同じところをタイヤが通ってこすれてセメントがボロボロになってしまうからです。

洗い出しの場合も同じように、

玄関に施工するとしたら、人が通る場所、ものを置く場所、動かす場所が特にボロボロになってしまう場合があります。

これはもう致し方ないことですし、他の工法であったとしても経年の変化というのは発生します。

気になるようでしたら、再度セメントを打ち直す工事をしたりとリフォームをすることをおすすめします。

 

エコフィールドの洗い出し施工例を上げてみます。

こちらは静岡県富士市I様邸の玄関に施工されたガラスや瓶の洗い出しです。

小さな粒が玄関を開けるたび日の光が当たり、キラキラと輝きます。

引きで見るとこんな感じです。

↑この部分が洗い出しです。I様のお家は和がテーマのお家ですので、

和の雰囲気にとても合っています。

I様のその他施工事例はコチラ≫

 

 

続いて、富士宮市S様邸の洗い出しの施工事例です。

こちらは、外の駐車場の部分にガラスの洗い出しと手形を入れた思い出の洗い出しです。

ガラスを置くのも職人さんと一緒にお施主様ご家族が施工したのでしょう。

ガラスが偏っているのと、そうじゃない場所とありますね。

世界に1つしかない味のある洗い出しになりました。

手形の回りの外の玄関段差の部分も洗い出しです。

家の完成と共に手形を付けて家族の記念にするという方が多くいらっしゃいます。

私もやってみたい!という方は、完成する前に、営業担当のスタッフや現場監督にお願いしてみるといいですよ。

 

そして最後に富士市H様の外構部分の洗い出し事例です。

グレーの部分と奥の庭の方にも洗い出しが採用されていますね。

普通のコンクリートだとタイヤの跡がついたりしますが、

このようにしておけば、タイヤの跡が付きにくく気になりぬくいのでおススメですよ。

 

他にもいろんな事例がありますが、

見たいという方は、スタッフに気軽にお声をおかけください。

エコフィールドのエソラにあるショールームの玄関も洗い出しになっているので、

よかったら見に来てください。

無料相談も受付中です!

 

 

 

 

.

———————————————————————-

◇◆富士市で家を建てるなら『エコフィールド』へ!◆◇

☆エコフィールドって?

”富士市で自然素材を使った家づくりをしている工務店です。”

.

☆他社との違いは?
”『Air断工法』を取り入れた地球にやさしい家づくりをしている。”
.

☆新築だけなの?
”新築一戸建てはもちろん、リフォームやリノベーションもできます。”
”建てた後も安心!イベントやワークショップも行うアクティブな工務店。”

.
●エコフィールドリノベーション専用サイト『エコリノ』●

↓↓

 https://www.ecoreno-fuji.jp/

●家づくりチャンネル●

↓↓

 https://www.youtube.com/channel/UCN-G3JgKtKw_sGRhoygSANg