スタッフブログ

家づくりでお金がないけど実現できるのか...?

家づくりでお金がないけど実現できるのか...?

佐野 加世子

佐野 加世子
2021.9.6(Mon)

自己資金はいくら必要なの?

【富士・富士宮・三島・沼津で新築一戸建て木の家ならエコフィールド】

こんにちは。

エコフィールドの広報担当佐野です。

 

今日は家づくりのお金の話をします。

さて問題です。

家づくりを建てるぞ!とした時に、一体自己資金はいくら必要でしょうか。

 

∼余談~

*自己資金とは、一般的に手元にある現金のこと(引き出し可能な預金等も含む)です。

マイホーム購入時には、「頭金(価格から住宅ローン借入額を引いた額)」と「購入諸費用」、

「引越し代や家具購入費用」などの入居費用に充てる現金を、「自己資金」から支払うのが一般的です。

 

正解は、

エコフィールドのような注文住宅の場合、

自己資金は総額の30%程度が目安であったほうがいいとされています。

(あくまで目安です。参考までに)

総額の30%というのは、

例えば、建物本体価格+その他諸経費+土地+諸々含め総額で4500万だとすると、

必要な自己資金はなんと、1350万。

夫婦で自己資金を合わせるなら、1350万を2人で割ると、1人675万。

6万円を毎月貯金して10年間続けたら、720万円たまるので、

今から夫婦で家づくりのためにお金貯めるぞ~!となったら毎月6万円貯金を10年間続けたら、

夢の注文住宅が手に入る…。

6万円貯金を10年間続けられますか…?

10年間も待てますかね…。25歳で貯金をはじめたら35歳に家づくりができるということですね…。

そんな貯金できない。

そんなお金ないよ。

そこまで待てない~。

宝くじが当たんないと無理ぃ~。

なんて思っている方もいるかと思いますが、

安心してください。

 

頭金ゼロや諸費用をローンに組み込める金融機関を選べば、自己資金が少なくても住宅は購入できます。

 

自己資金が多ければ、確かに月々の負担は軽くなります。

がしかし、

十分な貯金をするまで買うのをガマンするのは、

必ずしもベストな方法とは言えないでしょうね。

 

また、

貯金が十分にたまって、そのお金全部使って家をつくるぞ!というのも危険です。

貯蓄の全額をマイホーム購入の自己資金に使ってしまうと、

入居後の病気やケガなどに備えられなくなってしまいます。

無理して頭金を増やすよりも、

万が一のことも考慮して、手元にはある程度の貯金を残されたほうが安心です。

では、お金がない人でも家づくりが実現できる方法をお伝えします。

それは住宅ローンを賢く使うことです。

 

住宅ローンいろんな種類がありますが、

今日は中でもフラット35についてお話します。

 

フラット35というのは、

住宅金融支援機構と民間金融機関が提携した、長期固定金利の住宅ローン商品の名称です。

 

最長35年の長期固定金利であることが1番の特徴です。

 

フラット35のメリットとデメリットをお伝えします。

メリットは、最大35年間金利が変わらないことです。

毎月の返済額が一定なので、計画的な返済をすることができるので、安心ですね。

また、

職種や勤務年数などが問われないので、

自営業や転職したばかりの人でも申し込みやすいメリットがあげられます。

ですが、デメリットとして、

民間住宅ローンの変動金利や当初の固定金利型と比べると、

金利が高いので、返済額が高くなってしまうことがあげられます。

 

 

お金がない、でも家を建てたいという場合、

一体自分はいくらの家が建てられるのか一度シュミレーションしてみましょう。

 

総額4500万の家を建てたいと思った場合、

フラット35で35年ローンの支払いをする毎月の支払額は、

借入額:4500万

ボーナス返済:なし

金利:0.75%

返済期間:35年

の場合、

毎月の支払額は、121,853円。

となります。

これじゃ無理となったら、総額を下げてみましょう。

 

総額3500万の家を建てたいとなったら、

借入額:3500万

ボーナス返済:なし

金利:0.75%

返済期間:35年

毎月の返済額は、94,774円となります。

 

住宅ローンシュミレーションアプリというものがありますので、

皆様も一度やってみてください。

 

今シュミレーションする際に、総額に対して全部の額を借入金額に設定しましたが、

自己資金がある場合は、

自己資金からいくらか出して、借入金額を減らせば、

総額は同じでも毎月の返済額は減るので、

総額に対して、自己資金はいくらまでだそうかな、借入はどのくらいにしようかな、

という感じでシュミレーションしてみてくださいね。

 

だいたい家づくりのお金の感覚が現実的になってきましたか?

 

アプリでシュミレーションして、この借入額を実際に借入できる!というわけでもないので、注意してくださいね。

年収や他のローンを見たときに、あなたはいくらまで借入できますよ~というのが

銀行から、もしくはネットで調べることもできます。

家を建ててから暮らしが苦しいということがあっては、

家を建てた意味がないので、

そうならない為にも、

家づくりを始める前から、お金のことは頭に置いて、勉強して、考えてみてくださいね。

 

分からないことがあれば、

銀行に行ってきくもよし、

エコフィールドでも気軽にご相談承ります。

見学会や相談会でお話することもできますよ!

また、

お金のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)に相談するのもアリです。

 

お金に困らないよう、一緒に家づくりをしましょう!

 

無料相談はコチラ≫

 

.

———————————————————————-

◇◆富士市で家を建てるなら『エコフィールド』へ!◆◇

☆エコフィールドって?

”富士市で自然素材を使った家づくりをしている工務店です。”

.

☆他社との違いは?
”『Air断工法』を取り入れた地球にやさしい家づくりをしている。”
.

☆新築だけなの?
”新築一戸建てはもちろん、リフォームやリノベーションもできます。”
”建てた後も安心!イベントやワークショップも行うアクティブな工務店。”

.
●エコフィールドリノベーション専用サイト『エコリノ』●

↓↓

 https://www.ecoreno-fuji.jp/

●家づくりチャンネル●

↓↓

 https://www.youtube.com/channel/UCN-G3JgKtKw_sGRhoygSANg