スタッフブログ

自然の力を上手に活用♪パッシブデザインの魅力

自然の力を上手に活用♪パッシブデザインの魅力

武田 裕子

武田 裕子
2021.8.28(Sat)

空間の心地よさは暮らしの心地よさ

【富士・富士宮・三島・沼津で新築一戸建て木の家ならエコフィールド】

こんにちは!

エコフィールドお客様係の武田です。

まだまだ残暑が続きますが、

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

昨日は総務の岩渕さんが

お家で採れた「いちじく」を差し入れしてくださいました!

いちじくは【不老不死の果物】とも呼ばれるほど、

豊富な栄養素が含まれているのが特徴だそうです!

いちじくは甘くて最高に美味しかったです!

岩渕さん、ありがとうございました!

 

 

さて、今日はエコフィールドの得意とする

パッシブデザインについてお話させてください。

 

パッシブデザインとは

太陽光や風の力を上手に使い

機械や人工的な装置に頼ることなく

エネルギー消費量を抑え

快適な家の空間を作る設計手法のことです。

そのためには間取りだけではなく、

建物や窓の配置、空間の作り方などに

きめ細やかな配慮、工夫が欠かせません。

 

まずは太陽光。

太陽の角度は夏は高く、冬は低くなります。

軒やひさしを設けて、夏の高い太陽光が室内に入るのを防ぐ一方、

冬の低い太陽光は室内に太陽光を取り入れるよう計算します。

敷地の向きや近隣の家の建ち方など、建設予定の敷地に合わせ、

軒やひさしの長さ・窓の位置を調節することで、

夏の暑さと冬の寒さをコントロールすることが可能です。

 

そして風。

気候の良い頃、窓を開け、家の中を自然な空気が吹き抜けていくと

とても心地が良いですよね。

また、中にはエアコンが苦手という方も

いらっしゃると思います。

自然エネルギーの利用で

ランニングコストを削減できるのも

大きなメリットです。

 

この自然の摂理を家づくりに活かすことで、

環境への負荷が少なく、

身体にも優しい空間づくりを実現しています。

断熱性能だけにこだわり、

窓を小さくするのはもったいないですよね。

 

 

パッシブデザインは、四季がはっきりとした日本において、

冬の寒さ・夏の暑さを自然の力で

軽減しようとするとても合理的な手法です。

エコフィールドは先人たちの暮らしに学び、

自然の力を理解して、上手に活かした空間づくりをしています。

空間の心地よさが暮らしの心地よさに繋がるわけですね!

 

パッシブデザインを取り入れた

エコフィールドのお家を

実際に見て、ぜひ体感してみてください!

9月18日㈯・19日㈰の新築見学会の詳細はコチラ≫

9月25日㈯・26日㈰の新築見学会の詳細はコチラ≫

 

 

.

———————————————————————-

◇◆富士市で家を建てるなら『エコフィールド』へ!◆◇

☆エコフィールドって?

”富士市で自然素材を使った家づくりをしている工務店です。”

.

☆他社との違いは?
”『Air断工法』を取り入れた地球にやさしい家づくりをしている。”
.

☆新築だけなの?
”新築一戸建てはもちろん、リフォームやリノベーションもできます。”
”建てた後も安心!イベントやワークショップも行うアクティブな工務店。”

.
●エコフィールドリノベーション専用サイト『エコリノ』●

↓↓

 https://www.ecoreno-fuji.jp/

●家づくりチャンネル●

↓↓

 https://www.youtube.com/channel/UCN-G3JgKtKw_sGRhoygSANg