スタッフブログ

幅木(はばき)で家の印象が変わる!~無くてはならない幅木~

幅木(はばき)で家の印象が変わる!~無くてはならない幅木~

武田 裕子

武田 裕子
2021.8.26(Thu)

幅木の目的と役割

【富士・富士宮・三島・沼津で新築一戸建て木の家ならエコフィールド】

こんにちは!

エコフィールド お客様係の武田です。

早いもので8月も残りわずかですね。

本日8月26日はわれらがエコフィールド広報 佐野加世子さんのお誕生日です!

おめでとうございます!!

大人っぽい彼女ですが、まだ20代!

でも人間は年齢ではありませんね!若くても人間力の高い加世子さん!

アラフォーの武田は加世子さんにいつも頼りっぱなしです(*´з`)

幸せいっぱいの1年になりますように願っております!

 

さて本日はあまり聞きなれない幅木(はばき)についてお話いたします。

幅木とは壁の下部と床との間に取り付けられている

3~10センチ程度の横板の事をことを指します。

いつもなにげなく視界にはいっているものでも

名前を知らないというものは意外に多い事だと思います。

目立たないようで意外と目立つ幅木。

実は無くてはならない建材なのですが、

幅木の目的と役割は大きく2つあります。

 

まず一つ目は【壁と床の隙間をふさぐこと】です!

もともと壁と床の間には、わざと隙間を設けています。

これは、壁や床に無垢材を使った場合、温度や湿度で伸縮するので

隙間という逃げしろを設けることで、床鳴りやたわみを防ぐことができるからです。

また、幅木がないと部屋の中に隙間風や埃が外から入ってきたり、

隙間にゴミが溜まったりしてしまうのです。

 

二つ目は【壁を汚れや傷から守ること】です。

スリッパなどで壁を蹴ってしまったり、擦ってしまったりして

壁を汚してしまうことを幅木があることで防ぐことができます。

またモップや掃除機を使用する際も、

ぶつかって壁が傷ついたり汚れたりということを防ぎます。

特に最近は家事時短の為、ロボット掃除機を利用する家庭が増えています。

知らないうちに壁面にあたっていても壁を守ってくれるのは有難いです。

幅木は思った以上に名選手ですね!

 

しかし幅木は目線よりも下にある建材のため、見た目を重視しない人も多いのです。

実際は色や材質によって部屋の印象が変わり、おしゃれに見えるので、

家づくりでは見逃せない建材の1つなのです!

 

ちなみにエコフィールドの標準仕様の幅木は

無垢材の床に合わせて、木で出来ている木幅木です!

家のインテリアに合う幅木を選ぶことで、部屋を広く見せたり、

統一感のある部屋にしたりすることが可能ですので、

家づくりの際にはぜひ幅木にも注目してみてください。

 

そして今週末の8月28日㈯、29日㈰は

富士宮市淀平町で新築完成見学会を開催いたします。

実際のお家で幅木の存在感を見てみてください。

もう既にご予約が埋まってきている時間帯もございますので、ご予約はお早めに!

お待ちしております!!

 

.

———————————————————————-

◇◆富士市で家を建てるなら『エコフィールド』へ!◆◇

☆エコフィールドって?

”富士市で自然素材を使った家づくりをしている工務店です。”

.

☆他社との違いは?
”『Air断工法』を取り入れた地球にやさしい家づくりをしている。”
.

☆新築だけなの?
”新築一戸建てはもちろん、リフォームやリノベーションもできます。”
”建てた後も安心!イベントやワークショップも行うアクティブな工務店。”

.
●エコフィールドリノベーション専用サイト『エコリノ』●

↓↓

 https://www.ecoreno-fuji.jp/

●家づくりチャンネル●

↓↓

 https://www.youtube.com/channel/UCN-G3JgKtKw_sGRhoygSANg