スタッフブログ

家を建てた先輩から学ぶ、見落としがちなこと3選。

家を建てた先輩から学ぶ、見落としがちなこと3選。

佐野 加世子

佐野 加世子
2021.3.13(Sat)

広さ・収納・周辺環境

【富士・富士宮・三島・沼津で新築一戸建て木の家ならエコフィールド】

こんにちは。

エコフィールドの広報担当佐野です。

 

今日は家づくりでよく考えてつくったのに、

見落としてしまった

なさそうでありがちな後悔を3つご紹介します。

見落としがちなこと第一位は【周辺環境・立地】です。

土地購入の際は

最も重視する条件にも関わらず、見落としてしまう方が多いそうです。

例えば、

近くに学校があるのはいいけど、

風で砂が飛んでくる、部活等の声がうるさい等。

隣の家の窓と家の窓がほぼ同じ位置にあり、

中が見えてしまう。

このような後悔があります。

周辺環境、立地で後で後悔をしないためには、

利便性:買い物する場所、病院、公共機関の有無や場所、使い勝手のよさ

→施設に近すぎて利用者の声や車通りが激しくなる場合は避けましょう。

 

交通環境:利用できる交通機関や最寄り駅・バス停の位置、始発・終電の時間、道路の交通量

→駅に近すぎて電車の音、バスの音等が大きいところは避けましょう。

 

子育て環境:保育施設や学校、塾などの有無と場所、公園の有無と安全性、周辺に同世代のファミリーがいるか

→近くに同世代ファミリーがいるととても安心できます!

 

最低でもこの3つを気にしながら

土地探ししてみてください。

隣人との窓、ドアの位置については、

自分たちが建てる前に隣人の家が建っている場合は

間取りや窓の位置を気にしながら決めていきましょう。

後から隣に家が建って窓の位置が気になった場合は、

植栽やカーテン等を工夫しましょう。

(後から窓の位置を変えることができないので…)

見落としがちなこと第2位は【収納】です。

収納スペースの位置やつくりに後悔する人が多いようです。

例えば、

パントリーに食材を多く収納するために奥行きを広くとりすぎて使いづらい

とか

クローゼットに持っている服が入りきらない

とか

収納スペースにもしっかり照明をつけるべきだった

(昼でも暗くて見づらい)

等いろんな後悔があるようです。

こんな収納後悔をなくすには、

◎坪数で考えるのではなく、幅・奥行きをチェック!

◎収納したいもののサイズをチェック!

◎ものを使う場所から収納する場所までの距離、動線をチェック!

は開き戸?引き戸?折り戸?どれが自分に合うかチェック!

照明、コンセントの位置をお忘れなく!

この5つ忘れずチェックしてくださいね。

見落としがちなこと第3位は【部屋の広さ】です。

住まいという限られた面積では、

部屋の広さの配分がとても大事になります。

それぞれに適した広さをとるには、優先順位づけを明確にしましょう。

例えの後悔は、

お洒落で広めのトイレにしたせいで

トイレットペーパーが取りづらくなった、

リビングを広めにとって玄関を狭くしたせいで

天井まである玄関の収納に圧迫感がすごい…

寝るだけの寝室を狭くしたせいで

ベッドが入らない

等このような後悔があるようです。

お洒落を優先して、憧れを優先して

使いやすさは後回しにすると失敗するんです。

気をつけましょう。

 

こんな部屋の広さ後悔をなくすには、

◎置く予定の家具や家電を図面に入れてチェック!

ドアや扉を開けた状態でゆとりのある幅かチェック!

買い物袋や洗濯物を持ったままの状態で通れるかチェック!

使いやすさを重視して広さをチェック!

この4つチェックしておきましょう。

以上、見落としがち後悔3選でした。

家づくりで後悔しないために、今のうちにチェックしておきましょう!

 

.

———————————————————————-

◇◆富士市で家を建てるなら『エコフィールド』へ!◆◇

☆エコフィールドって?

”富士市で自然素材を使った家づくりをしている工務店です。”

.

☆他社との違いは?
”『Air断工法』を取り入れた地球にやさしい家づくりをしている。”
.

☆新築だけなの?
”新築一戸建てはもちろん、リフォームやリノベーションもできます。”
”建てた後も安心!イベントやワークショップも行うアクティブな工務店。”

.
●エコフィールドリノベーション専用サイト『エコリノ』●

↓↓

 https://www.ecoreno-fuji.jp/

●家づくりチャンネル●

↓↓

 https://www.youtube.com/channel/UCN-G3JgKtKw_sGRhoygSANg