スタッフブログ

実家を建て替え!広い平屋のおうち

実家を建て替え!広い平屋のおうち

佐野 加世子

佐野 加世子
2020.12.12(Sat)

平屋を建て替え

【富士・富士宮で新築一戸建て木の家ならエコフィールド】

こんにちは!

エコフィールドの広報担当佐野です。

 

今日は、YouTubeの撮影で

小田原まで行ってきましたよ!

現場監督の飯ケ濱さんと一緒に

最近お引渡しをしたばかりの小田原のN様邸に

行ってきました!

現場監督の飯ケ濱さんはN様邸にて3か月点検をするために

一緒に同行しました。

今日は、和室の神棚の板の長さを変更中。

 

エコフィールドは、

家が出来上がって終わりの会社ではありません。

このようにお引渡しした後も、

3ヵ月、6ヵ月、1年…と工務や営業担当が家に訪問し、

暮らしはどうか、不具合はないか等

家の点検やメンテナンスをさせていただいております。

お客様の安心安全な暮らしを実現するためにも

家が完成してもずっとお付き合いは続いております。

YouTubeにまたルームツアーの動画をアップしますので、

それまでお楽しみに!

 

今回お邪魔させていただいたN様のお家は、

築70年~80年ほどのご主人様のご実家を建て替えした

平屋建てのお家です!

外観がこのような感じ!

K2モルタルの真っ白な外壁がとっても素敵です!

建て替え前のお家は、

趣のある和風の平屋でした。

何度も増築やリフォームを繰り返し、

2世帯で住むことになり、耐震性も考えた結果建て替えにしたそうです。

 

今住んでいる家や実家、

祖父母などが住む家の建て替えを検討しているものの、

まず何から始めればよいのかわからないという方へ。

今回は、

建て替えの手順、

かかる期間の目安、

どのような費用がかかるかについてお話しようかと思います。

 

まず、建て替えの手順(スケジュール)をお話しましょう。

①まず建築会社を探す

HPやSNS、雑誌などを参考に、

家の建て替えを依頼する建築会社を探しましょう。

 

プランや資金計画の相談をする

HPやSNSを見てある程度会社を絞ったら、

プランや資金計画の相談をしていきましょう。

 

敷地調査を依頼する

プランや資金計画がある程度固まってきたら、

建て替えをする敷地の調査をしましょう。

土地の周辺状況や法規制、測量や地盤調査を実施します。

 

見積り提案を受ける

敷地調査の結果を反映したプランと工事費の見積もり提案を受けます。

複数社で迷っている場合、

見積もりの提案内容の他に、

営業担当者との相性、完成後のメンテナンス・保証体制なども比較しましょう。

 

⑤請負契約を結ぶ

建築会社を1社に決めて、工事の請負契約を結びます。

契約書類一式は事前にもらって目を通しておき、不明点を解消したうえで契約しましょう。

⑥仕様などの詳細を決める

契約を結んだ後、仕様などの詳細を決めます。

 

⑦建築確認申請書を提出し、ローンの本審査を申し込む

役所に建築確認申請書を提出します。

ローン借入は、請負契約前に仮審査を金融機関に申し込み、

借入できることを確認しておき、建築確認申請に合格後、それらの書類を含めた本審査を行います。

書類準備や提出方法に不明点があれば、建築会社にサポートをお願いするとよいでしょう。

 

契約を結ぶ

建築確認申請に合格し、ローン借入審査も無事に合格した後、

⑦で決めた仕様とプラン詳細を反映した変更契約を結びます。

決めた内容が記入されているかしっかりと確認しておきましょう。

 

仮住まいに引越しする

今の住まいを建て替える場合、解体工事の前に引越しを行います。

⑩解体工事後、新築工事がスタート

解体工事後、

「建物減失登記」を法務局に申請し、新しい家の工事に着工します。

 

⑪工事完成、引き渡し

建築工事中は、たまに現場を見に行くとよいでしょう。

工事が完成したら、

建築会社と一緒に必ず竣工検査を行い、

問題がない場合は家の鍵を受け取り、引き渡しとなります。

 

登記手続き等を行う

建物の完成後には「建物表題登記」と、

住宅ローンの借り入れに必要になる「抵当権設定登記」を行います。

これらの登記手続きが完了後、住宅ローンが実行されます。

 

①~⑫の手順はだいたい1年~2年くらいです。

費用について、新築と違う部分は

本体工事、諸費用に加えて、

解体工事費が加わることです。

解体工事は、1坪あたり5万~8万円が相場なので、

坪7万円とした場合、30坪の家を解体する場合は

7万円×30坪=210万円の解体費用がかかることになります。

 

お金の支払いのタイミングは、

家が完成してから全部払うのではなく、

各工事のタイミングでお金が必要になってきます。

会社によって様々ですが、

エコフィールドの場合、

設計申し込みの際に20万

本契約の際に請負金額の10%

工事が着工した際に請負金額の20%

上棟の際に請負金額の40%

完成してお引渡しの際に残りの金額

このようなタイミングでお金の支払いが出てきます。

焦ってしまわないよう、最初の段階でしっかりと確認しておきましょう。

 

 

リフォームか建て替えかを迷っている人は、

今の住んでいる家に家族構成が合うかどうか考え、

築年数を目安に建築当時の工法部材などを確認したうえで建て替えを選択した方いいのか、

考えましょう。

家を建て替えることを決めたら、

手順や費用の目安をあらかじめ把握しておくことが無用なトラブルを防ぎ、

スムーズかつ満足できる新居を建てる秘訣といえるでしょう。

.

———————————————————————-

◇◆富士市で家を建てるなら『エコフィールド』へ!◆◇

☆エコフィールドって?

”富士市で自然素材を使った家づくりをしている工務店です。”

.

☆他社との違いは?
”『Air断工法』を取り入れた地球にやさしい家づくりをしている。”
.

☆新築だけなの?
”新築一戸建てはもちろん、リフォームやリノベーションもできます。”
”建てた後も安心!イベントやワークショップも行うアクティブな工務店。”

.
●エコフィールドリノベーション専用サイト『エコリノ』●

↓↓

 https://www.ecoreno-fuji.jp/

●家づくりチャンネル●

↓↓

 https://www.youtube.com/channel/UCN-G3JgKtKw_sGRhoygSANg