スタッフブログ

自然とともに生きる暮らし

自然とともに生きる暮らし
2020.11.15(Sun)

自然に感謝

【富士・富士宮で新築一戸建て木の家ならエコフィールド】

こんにちは!

エコフィールドの広報担当佐野です。

 

先日、

熱海のK様邸に行きまして、

YouTubeの撮影に行って参りました。

4,5年前にエコフィールドでお家を建てていただいた

熱海のK様。

自然と共に生きる暮らしぶりが

とっても素敵でした。

11月中にはYouTubeに動画アップする予定で

編集を頑張っておりますので、

ぜひみなさん、お楽しみに!

 

さて、

K様のお家の様子をご紹介しましょう。

外壁全面ユーカリの板張り。

GALLERYにも載せさせていただいております

↓↓

https://ecofield.jp/gallery/482/

すごい迫力です。

風がよく通るパッシブデザインな設計で

冬も夏もエアコンなくても快適なんだとか!

冬は、薪ストーブを焚いてあったまります。

エアコンはこの今年の夏に初めて買ったそうですが、

(1階の和室に設置)

あまり使っていないそうです。

 

ご主人はDIYが得意で

ブランコも、本棚も、お庭も?!

造ってしまうそうです。

薪を割るご主人をそっと見守るお姉ちゃん。

 

玄関には

ご主人のご趣味の

サーフィン、スケボ、スノボのボードがずらり。

お姉ちゃんも楽しそうに遊んでいます。

 

さらに!

お庭には大きな仕掛けが...

これはイノシシやシカの仕掛けです。

なんでこのような仕掛けをしているのかと言いますと...

 

今日本では、

野生のシカやイノシシが増えすぎてしまって

問題が起きています。

 

かわいいシカを殺すのはかわいそうだよ、

動物が増えていいじゃん、

そう思う方もいるかもしれません。

 

増えすぎたニホンジカやイノシシが、

いま、

日本全国で生態系や農林業、

さらには

私たちの生活にまで深刻な被害をもたらしているのです。

 

どんな被害かと言いますと、

高山帯にまで現れるようになったニホンジカが、

お花畑や希少な植物を食べつくし、

美しい景観が失われ、

斜面が崩壊してしまうこと。

幼虫の餌となる植物まで食べてしまうため、

希少種である昆虫などが絶滅の危機に直面していること。

農家の方が作ったお米や野菜などを食べ荒らしてしまい、

農家の中には意欲を失い、

農業を続けることをあきらめてしまう方もいるということ。

 

このようなことをしっかりと考えているK様。

 

自分たちでしっかり勉強して資格を取り、

専用の仕掛けを設置し、

かかったシカやイノシシは

自分たちの手でさばき、

自分たちでいただく。

増えすぎたイノシシやシカを無駄に殺すことなく、

命をいただき、

自然と共に暮らしています。

(実際に仕掛けで捕れたシカのお肉をさばいています)

*鳥獣の捕獲にはほとんどの場合、

法律に基づいて、狩猟免許や何らかの許可申請が必要になります。

みなさんは免許がない場合、無断で捕獲して食べることのないようにしてくださいね。

 

便利な世の中になって、

日々忙しなく過ごしていると

自然と共に生きている、

地球に住まわせてもらっている、

ということを

ついつい忘れてしまいがちです。

 

今住んでいる場所も、

これから家を建てる予定の土地も、

もともとは動物たちの棲家だったということを

忘れずに、

自然を大切に思い、

そのうえで私たちの生活や社会が成り立っているんだ

ということに感謝の気持ちを持ちながら

日々を過ごしていきたいものですね。

 

 

 

.

———————————————————————-

◇◆富士市で家を建てるなら『エコフィールド』へ!◆◇

☆エコフィールドって?

”富士市で自然素材を使った家づくりをしている工務店です。”

.

☆他社との違いは?
”『Air断工法』を取り入れた地球にやさしい家づくりをしている。”
.

☆新築だけなの?
”新築一戸建てはもちろん、リフォームやリノベーションもできます。”
”建てた後も安心!イベントやワークショップも行うアクティブな工務店。”

.
●エコフィールドリノベーション専用サイト『エコリノ』●

↓↓

 https://www.ecoreno-fuji.jp/

●家づくりチャンネル●

↓↓

 https://www.youtube.com/channel/UCN-G3JgKtKw_sGRhoygSANg