スタッフブログ

家づくりで失敗しがちなこととは?!【収納編】

家づくりで失敗しがちなこととは?!【収納編】
2020.6.8(Mon)

家を建てるのに失敗したくないあなたへ!

【富士・富士宮・三島・沼津で新築一戸建て木の家ならエコフィールド】

こんにちは。

エコフィールドの広報担当佐野です。

お家にいる時間が長くなって

お家の事を考える時間も長くなり、

『家づくりをはじめようか』

『お家をリフォームしようか』

『リノベーションやってみようか』

など

動いている人が

最近、多くなったなぁと感じられます。

ありがたいことに、

エコフィールドにお問い合わせしてくださる方や

資料の請求をされる方も

徐々に増えてきております。

記事を読んでくださっているあなたも、

エコフィールド気になったら、

お気軽にお問い合わせくださいね!

.

さて、

家づくりは一生に一度のお買い物なので、

みなさん、

失敗はなるべくしたくはありませんよね…。

高額なお金を払って、

打ち合わせもしっかりとして、

さぁ、新しい住まいに暮らせるぞ!

なって

『え、こんなんじゃなかったのに…』

『使いづらい…』

なんて思いはしたくないですよね。

そうならないために!

今回は、

家づくり始める方、

家をリフォームしたい方、

リノベーション始めたい方、

家づくりで失敗しないために

『収納』に関するお話をさせていただきますね。

.

なんと、

家づくりで失敗したことの多くは

『収納』のことらしいですよ。

打ち合わせの時点で、

このスペースには、

『〇mの高さ、〇cmの幅のアレを入れる』

とか、

『段ボール〇箱分ここに入れる』

『コートが〇着、ワンピースが〇着、子供服が〇着…入れる』

など細かく収納するものを

リストアップして、

収納スペースを設置しないと、

そこはただの無駄スペースになってしまいます。

エコフィールドの家でも多く採用されている

『ウォークインクローゼット』なんかも、

しっかりと考えておかないと、大変なことになります。

『ウォークインクローゼット』に関して詳しく言いますと、

壁面両方にハンガーパイプを取り付けて

服を収納する場合には、

人が通れる十分な幅(60cm程度)が確保されていればいいですが、

幅が狭いと、

人が通るたびに服がこすれて服が傷んでしまったり、

ごちゃごちゃした見た目になったりしがちです。

すっきりした印象にするには、

片方だけの壁面にハンガーパイプを取り付けて服を収納、

片方の壁面は、既存の棚やボックスを利用して服以外の収納にすると、

すっきりとした収納ができますよ。

『ウォークインクローゼット』を採用される方は、

設計の方とよく話し合って決めていきましょうね。

また、

キッチン収納『パントリー』も同様で、

どこに何を入れるか、

ここに入れるのは取り出しが頻繁にあるものを入れるのか、

リストアップして決めていきましょう。

『パントリー』とりあえず大きく作ってみたものの、

奥行きを広くとりすぎた結果、

奥にしまったものの存在を忘れて賞味期限が切れてロスになってしまったり、

腐れせてカビが生えてしまったり…

そうならないために、

こちらも設計の方と一緒に話し合って決めていきましょう。

とくに、

毎日使う奥様方(主夫の方も)、

頻繁に使うところだからこそ、

ちょっとした使いにくさが

積もり積もって不満やストレスになってしまうので、

家を建てる前からしっかりと計画を立てましょう!

以上、

家づくりで失敗をしないための『収納編』でした。

.

.

———————————————————————-

◇◆富士市で家を建てるなら『エコフィールド』へ!◆◇

☆エコフィールドって?

”富士市で自然素材を使った家づくりをしている工務店です。”

.

☆他社との違いは?
”『Air断工法』を取り入れた地球にやさしい家づくりをしている。”
.

☆新築だけなの?
”新築一戸建てはもちろん、リフォームやリノベーションもできます。”
”建てた後も安心!イベントやワークショップも行うアクティブな工務店。”

.
●エコフィールドリノベーション専用サイト『エコリノ』●

↓↓

 https://www.ecoreno-fuji.jp/

●家づくりチャンネル●

↓↓

 https://www.youtube.com/channel/UCN-G3JgKtKw_sGRhoygSANg