スタッフブログ

外観で分かるエコフィールドの家

外観で分かるエコフィールドの家
2020.4.30(Thu)

メンテナンスもしやすい!

【富士・富士宮で新築一戸建て木の家ならエコフィールド】

こんにちは。エコフィールドの広報担当佐野です。

家づくりを考えている方、

間取りは一生懸命考えていても

外観についてはどうでしょうか。

中は良くても、外がなんかスッキリしないなぁ…。

どの家も同じに見えて外観なんてどうしたらいいの…。

なんて思っていませんか?

今回は、エコフィールドの外観についてお話しましょう。

このブログを読めば、

エコフィールドの外観について詳しくなって、

あなたも家の外観だけでエコフィールドの家だ!

っとわかるようになっていると思いますよ。

.

エコフィールドの家の特徴として、

まず、

『外壁』について特徴があります。

『K2モルタル塗り壁』という塗り壁を標準仕様としています。

この塗り壁は、塗り替えの必要のない無機質系外壁仕上げ材で、

雨風による劣化に強い素材になっています。

色は白です。

(お引渡しの時はまぶしいくらいの輝かしい白い色です)

天然の石と、無機質系顔料が主の成分となっていますので、

色褪せや色落ちがありません。

塗り替えは必要ないにしても、

年月が経ってくると、雨やホコリなどでどうしても汚れてきます。

(車と同じで花粉とかで汚れてしまいます…)

その場合には、高圧洗浄で汚れを水で落としていきます。

エコフィールドでは、お家の定期点検として、

20年~25年点検の際に洗浄をさせていただく場合がございます。

また、オプションにはなりますが、

『白洲そとん壁』という超高機能で超高耐久性の外壁材もあります。

100%自然素材でできており、防水、透湿効果は大です。

.

次に、『無垢の羽目板』についてです。

白い『K2モルタル塗り壁』のアクセントとして

『無垢の羽目板』を外壁に採用しています。

軒の出が深い家になっていますので、

外壁に無垢の羽目板を使用しても濡れる心配はありません。

(暑い日差しからも守ってくれます!)

外壁に木を使用することで、

木のぬくもりを感じる温かみのある外観に仕上がります。

.

最後に『屋根』についてです。

『ガルバリウム鋼板』が標準仕様になっています。

これは、アルミを55%使用していて、厳しい自然環境にも耐える性能をもつ屋根になっています。

こちらも、外壁と同じく、色あせがしにくく、耐震性にも優れています。

.

『K2モルタル塗り壁』の白

『無垢の羽目板』の木の色

『ガルバリウム鋼板』のタフな屋根

を見ればもうエコフィールドの家だとわかるでしょう。

入社して1年に経つ私ですが、

外観だけは早くから他社さんとの区別がつくようになったので、

みなさんもすぐに分かると思います!

富士市、富士宮市に住んでいる方は、もしかしたらご近所さんに

エコフィールドの家が見つかるかもしれませんね。

.

.

———————————————————————-

◇◆富士市で家を建てるなら『エコフィールド』へ!◆◇

☆エコフィールドって?

”富士市で自然素材を使った家づくりをしている工務店です。”

.

☆他社との違いは?
”『Air断工法』を取り入れた地球にやさしい家づくりをしている。”
.

☆新築だけなの?
”新築一戸建てはもちろん、リフォームやリノベーションもできます。”
”建てた後も安心!イベントやワークショップも行うアクティブな工務店。”

.
●エコフィールドリノベーション専用サイト『エコリノ』●

↓↓

 https://www.ecoreno-fuji.jp/

●家づくりチャンネル●

↓↓

 https://www.youtube.com/channel/UCN-G3JgKtKw_sGRhoygSANg