スタッフブログ

シロアリの恐怖

シロアリの恐怖
2020.3.24(Tue)

築45年の家はシロアリにやられていました。

【富士・富士宮で新築一戸建て木の家ならエコフィールド】

みなさん、こんにちは。

富士市の中里にあるここエコフィールドの事務所は、

まわりが平地で海も近いため、南風がとても強く吹いています。

今日も風が強くて植木が倒れてしまっています。

みなさんも洗濯物や植木など飛ばされないように気を付けてくださいね。

.

さて、

今日はシロアリについてお話しましょう。

.

トップの写真は、

リノベーションモデルハウスのリノベ前の柱です。

シロアリが食べた後がくっきりと残っていますね。

気持ち悪い…。

床下から侵入して、

湿ったおいしい柱を好むシロアリ。

「自分には関係ない」と考えがちなシロアリ被害。

しかし、実は被害に遭う家は意外にも多く、

気が付かないまま生活しているといったケースも少なくありません。

気が付いたときにはすでに状況が深刻化していた、

といったトラブルも多いため、

他人事と捉えず、

自分にも関係のある問題として把握しておくことが大切です。

.

.

シロアリが好むのは、

切り株や木の杭、枕木、ウッドデッキ、用途のない木材、段ボールなど。

いわゆる、「死んだ木材」を好みます。

また、段生息している土中の環境に似ている空気の流れがなく暗い場所も好みです。

エコフィールドの家は、

こういったシロアリ被害が出ないように、

家の基礎のところに

『Jotoキソパッキング工法部材』

を使用してシロアリを防いでいます。

↓こちらが『Jotoキソパッキング工法部材』

『Jotoキソパッキング工法部材』は、

基礎と土台を絶縁し、湿気を効率よく排出。

省エネ・耐久性向上・耐震安全性を実現します。

基礎のクラックの発生を防ぎ、耐力を向上させます。

在来工法や2×4工法を問わず、各種工法に対応できます。

このおかげでエコフィールドの家はシロアリの脅威から逃れられています。

.

今の家でシロアリを予防できる方法はないの?

そう思った方、

自分でできるシロアリ予防方法あります。

それは、

家の周囲に死んだ木材を置かないこと

暗くて湿気のある場所を作らないこと

建物の劣化を把握すること

です。

また、シロアリの被害を確認したりするのは大変な作業です。

自分で防除処理をしたつもりでも、

シロアリ被害を再発させる可能性もあります。

自分の手では無理だと感じたときには、業者に依頼するのが確実です。

何か困ったことがあれば、

私たちエコフィールドに何でもご相談くださいね。

.

.

YouTubeアップしましたので、

ぜひご覧ください!

.

.

———————————————————————-

◇◆富士市で家を建てるなら『エコフィールド』へ!◆◇

☆エコフィールドって?

”富士市で自然素材を使った家づくりをしている工務店です。”

.

☆他社との違いは?
”『Air断工法』を取り入れた地球にやさしい家づくりをしている。”
.

☆新築だけなの?
”新築一戸建てはもちろん、リフォームやリノベーションもできます。”
”建てた後も安心!イベントやワークショップも行うアクティブな工務店。”

.
●エコフィールドリノベーション専用サイト『エコリノ』●

↓↓

 https://www.ecoreno-fuji.jp/

●家づくりチャンネル●

↓↓

 https://www.youtube.com/channel/UCN-G3JgKtKw_sGRhoygSANg