スタッフブログ

blog

スタッフブログ

静岡県東部に移住するならどこがおすすめ?【富士市・沼津市・熱海市・三島市】

強矢 麻実

強矢 麻実


【富士・富士宮・三島・沼津で新築一戸建て木の家ならエコフィールド】

こんにちは。
静岡県富士市の工務店エコフィールドの広報 強矢です。

ここ数年で関心が高まっている移住や二拠点居住。
リモートワークが進んだ会社は多く、静岡県への移住や二拠点居住を検討している方も増えています。
下記のような理由で、静岡県を移住先として選ぶ方が多いようです。

静岡が人気な3大理由

①温暖な気候と自然豊かな環境
②東京へ通勤が可能
③海山川の美味しく新鮮な食べ物が手に入る

私たちエコフィールドは主に静岡県東部エリアで
地域に根ざした工務店として28年間家づくりをサポートしてきました。

私自身も長年、富士市・沼津市・熱海市で暮らしたり働いてきて、
それぞれにとても魅力的な町だなあと感じています。

そこで今回のブログでは、静岡県への移住を検討されている方へ、
私の好きな町(富士市・沼津市・熱海市・三島市)のおすすめポイントについて
独断と偏見を交えながらお伝えしたいと思います!

まずはエコフィールドのホームタウン、富士市から!

【富士市】

面積:245km²
人口:250,553人(2022/2月時点)

■ここがおすすめ■

・富士山を近くで眺める幸せ!

これに尽きます。
四季折々、刻一刻と表情を変える富士山は毎日見ても飽きることがありません。

・静岡市へのアクセスが良好でショッピングが簡単

富士市から静岡市中心エリアまでは車で1時間弱。
静岡市にはパルコや伊勢丹、松坂屋や新静岡セノバなどの
デパートが揃っているので買い物には困りません。
大型ショッピングモールのららぽーと沼津へもアクセス良好です。

・自然あふれる富士宮市と隣接

おとなりの富士宮市には富士宮本宮浅間大社やまかいの牧場、
白糸の滝などお出かけにぴったりのスポットがたくさん。
軽くドライブしながら自然いっぱいの富士宮で休日を過ごすのも楽しいですよ。

・新幹線の駅(新富士駅)があるので都内への通学・通勤も可能

新幹線の駅があるのも富士市のメリット。
こだましか停車しない・普通列車の駅(富士駅)と離れているという点が
玉にキズではありますが、新幹線が停車してくれるだけありがたいものです。

・ちょうど田舎と都会の中間くらいの便利さ
富士市は静岡県で3番目に大きなまち。
暮らしに必要なサービスが整っている一方で都会のように混み合ってはいないため、
生活するまちとして最適です。

富士市への移住情報はこちら

お次は沼津市です!

【沼津市】

面積:187.1 km²
人口:191,119人(2022/1月時点)

■ここがおすすめ■

・新鮮で美味しい魚介類が豊富

沼津港で新鮮なお魚をgetできるだけでなく、
地元の魚屋さんや普通のスーパーで売っている魚介類もとても新鮮でリーズナブルです。

・千本松原・香貫山・狩野川など海山川が身近
狩野川のほとりでのんびりしたり、休日は香貫山にのぼってみたりと
美しい自然がすぐそこにあるのも沼津の魅力です。

・温暖な気候でお茶やみかんの生産がさかん
お茶はみかんは静岡県全域で生産されていますが、
沼津にもお茶・みかん農家さんがたくさんいます。
美味しくて安いみかん・お茶が簡単に手に入る生活はとても良いものです。

・ららぽーと沼津や御殿場アウトレットが近い
ららぽーと沼津や御殿場アウトレットといった
大型商業施設へのアクセスが良いためお買い物には困りません。

・マリンスポーツに最適
さまざまな海のアクティビティが楽しめる沼津。
あのタモリさんも沼津が大好きで、以前は定期的にヨットレースを主催されていたそうです。

・沼津港が楽しい
沼津港は新鮮なお魚を購入できるだけでなく
深海水族館や大型展望水門「びゅうお」なども
そろったエンターテイメント色の強い港。
ご家族での休日やデートで遊びに行く場所としても最適です。

・奥駿河周辺の田舎暮らし風景が素晴らしい
美しい海と風情ある昔ながらの街並みがそろう「奥駿河」も沼津市の一部。
戸田や大瀬などの海沿いは眺めているだけで心が癒されスローライフを体感できます。

沼津市への移住情報はこちら

続いて熱海市です。

【熱海市】

面積:61.78km²
人口:35,167人(2021/12月時点)

■ここがおすすめ■

・新幹線で東京駅まで47分、品川駅まで39分!
旅行はもちろん移住先としても人気の熱海。
なんといっても東京から気軽に足を運べる・通勤できる点が魅力です。

・特産品はだいだい、干物、海産物

自然豊かな伊豆半島の付け根に位置する熱海。
美味しい干物や海産物が簡単に手に入り、温暖な気候で育つだいだいの生産もさかんです。

・自然を感じるアクティビティが多い

マリンスポーツ・ゴルフ・トレッキング・釣りなど、
海と山のある地形を活かした老若男女楽しめるアクティビティが揃っています。

・なんといっても温泉!自宅で温泉を楽しめる物件もある

徳川家康も熱海温泉の大ファンで、かつては江戸までそのお湯を運ばせていたそうです。
日帰り入浴できる施設も多く、さらには自宅へと温泉を引ける物件もあります。

・箱根に近いので日帰り旅行が可能

人気の観光地 箱根にもほど近い熱海。
たまには気分を変えて箱根の温泉へ行ってみよう!なんてことも気軽にできちゃいます。

・レトロな建物や街並みを求める若年層の観光客に大人気

長い間観光地として栄えてきた熱海には昔ながらの喫茶店や旅館なども多く残っています。
味わい深い街並みや風景が多く写真映えするスポットがたくさんあるため、若者に大人気なんだとか。

・高齢者が多いのでのんびりとした雰囲気

若年層の観光客が多いためあまり目立たないのですが、実は熱海は高齢者人口がとても多いまちです。
2020年時点では人口の47.8%が65歳以上の高齢者で、静岡県にある市の中ではトップの割合でした。
リタイア後の移住先として人気なこともあり、まち全体がのんびりした空気に包まれています。

・憧れの、「歩いてビーチへ行ける」生活!

駅から歩いてビーチに行けるという環境はとても魅力的。
ビーチ沿いでは夏だけでなく一年を通して花火大会が開催されているのも一押しポイントです。

・伊豆半島は観光名所が盛りだくさん

熱海も観光地として大人気ですが、さらに少し足を伸ばせば
素晴らしい風景と街並みが点在する伊豆半島の旅も楽しめます。
伊豆半島は西伊豆・東伊豆・南伊豆と異なる絶景が広がる希有なエリアで、
ドライブにもってこいです。

熱海市への移住情報はこちら

わたし自身は三島に住んだことはないのですが、
以下のような理由から移住先としてとても人気なようです。

【三島市】

面積:62.02km²
人口:108,234人(2022/1/31時点)

■ここがおすすめ■

・美味しい飲食店、レストランやカフェがたくさんある

三島駅周辺、三島広小路駅周辺にはなぜか
ハイレベルなレストランやカフェが揃っています。
富士山の湧き水と地元の美味しい野菜、新鮮な魚のある環境が
腕の良い料理人を三島へと引き寄せるのかもしれませんね。

・東京まで新幹線通学・通勤が可能

新幹線のこだまだけではなくひかりも三島駅で停車するため、
東京まで通勤・通学している人は多いようです。

・三嶋大社や柿田川公園などのスポットが近い

三嶋大社や楽寿園、清水町の柿田川公園も近いため
のんびりとお散歩できる環境が整っています。

三島市の移住情報はこちらから

以上、富士市・沼津市・熱海市・三島市の個人的にオススメしたいポイントでした!

豊かな自然環境と美味しい食べ物はそれだけで人の心を潤して豊かにしてくれるもの。
また、静岡は温暖な気候のせいかおだやかな人柄の県民が多いと言われており、
他県から引っ越してきた方もなじみやすい土地だという話はよく耳にします。

静岡はまさに、「ちょうどいい田舎」。
朝はウッドデッキでコーヒー片手に富士山を眺め、
夜は薪ストーブの前でゆっくり読書・・・なんて
スローライフを実現するのにぴったりな場所だと思います。

最近は、中古住宅や古民家をお手頃価格で購入して、
リフォーム・リノベーションを施してから暮らすという方も増えていますよ。

リフォーム・リノベーションもエコフィールドにおまかせください!

移住者に対して補助金を用意している市町村も多いため、
各自治体で開催されているオンライン相談会などのイベントで
情報収集しみるのもおすすめです。

移住や二拠点居住、田舎暮らしやテレワークを検討されている方はぜひ、
静岡県東部エリアを視野に入れてみてはいかがでしょうか。
======================================
★エコフィールドの家の事例や間取りが見たい方は【資料請求】へ!
クリック

★エコフィールドのモデルハウスを見たい方は【来要予約】へ!
クリック

★エコフィールドのYoutubeチャンネルを見たい方は【Youtube】へ!
クリック

◇◆富士市で家を建てるなら『エコフィールド』へ!◆◇
☆エコフィールドって?
”富士市で自然素材を使った家づくりをしている工務店です。”
.
☆他社との違いは?
”『Air断工法』を取り入れた地球にやさしい家づくりをしている。”
.
☆新築だけなの?
”新築一戸建てはもちろん、リフォームやリノベーションもできます。”
”建てた後も安心!イベントやワークショップも行うアクティブな工務店。”

0120-603-423

  • 【営業時間】9:00~18:00
  • 【定休日】毎週水曜日・祝日