最近、生活動線という言葉をよく耳にしませんか。生活動線とは、家の中で日常生活を営む際に、人が行き来する動きを線で表したものです。朝起きて寝室から洗面所へ。そしてキッチンで食事を済ませ、ウォークインクロゼットで着替えて…。特に主婦の方は、キッチンを片付けながら洗濯機を回したり、ベランダで洗濯物を干した後はリビングの掃除を…という具合に、家中をあちこち動き回っているため、この生活動線の良し悪しが暮らしに大きく影響します。

家の中で行う日常生活には、「食事をする」「お風呂に入る」「睡眠をとる」など、さまざまな人の動きがあります。この一連の動作をつなぐ動線が短いほど、移動しやすく暮らしやすい家になります。逆に生活動線が長く複雑なほど、移動が面倒で暮らしづらくなります。 ワンフロアのマンションや平屋の場合、生活動線は短くなりますが、2階建以上の家屋の場合は、この生活動線の距離が長くなりがちです。たとえば、洗濯機を1階の洗面所に置き、洗濯物を干すのは2階のベランダで。とり込んだ洗濯物を収納するクローゼットは1階にあるといった場合、“洗濯”という一連の行為の動線はとても長くなります。また、廊下や部屋の出入り口まわりに家具が置かれていると、動線の幅が狭く、忙しい朝などは家族が行き交い、通りにくくなってしまいます。

エコフィールドでは、新築やリフォームを考える際に、まずお客様のご家族が朝起きてから夜寝るまで、どんな動きをしているかをじっくりとヒアリングし、効率のいい生活動線となるように配慮した間取りを提案しています。生活動線の不具合は慣れてしまうと意外と気づかないのですが、新築やリフォームで生活動線がすっかり改善されると「すごく暮らしやすくなった」「家事が楽しくなった」という声をよく聞きます。いつまでも心地いい暮らしを手に入れるために、あなたも、わが家の生活動線を見直してみませんか。