スタッフブログ

注文住宅で多い『平屋』の気になる費用について

注文住宅で多い『平屋』の気になる費用について
2021.1.8(Fri)

予算内に抑えたい!

【富士・富士宮・三島・沼津で新築一戸建て木の家ならエコフィールド】

こんにちは!

エコフィールドの広報担当佐野です。

 

最近『平屋』というワードがとてもヒットしているようで、

12月にYouTubeアップした小田原市N様邸の平屋のルームツアー動画が

すでに1,000回以上再生されていました!

↓↓

最近人気の平屋について今日は少しお話をしましょう!

 

まずは、気になる平屋の相場について…

平屋の家に住んでいる人はお金持ちのイメージがあるかと思います。

(私だけかもしれませんが…)

その理由は、

平屋は2階がない分広い土地が必要で、

1階部分の面積が広くなり、建物の基礎となる外郭が大きくなるからだといわれています。

外郭が大きくなると基礎や屋根の面積も、

2階建てより相対的に増えて工事費が増すため、

全体の建築費用を坪単価で比較したときに、

数字上は坪単価が高くなる傾向があります。

平屋が二階建て住宅と同じ床面積を確保しようとすると、

単純に総二階建ての場合屋根と基礎の施工面積が2倍程度になります。

これが坪単価でみると高くなってしまう要因となります。

なので、平屋は印象として「割高」「高級」と言われがちなのですね~。

ですが、

建物の坪単価を下げる工夫は、いろいろな方法があり、

延床面積だけで決まるものではありません。

単純な坪単価だけに注目することなく、

あくまで自分たちの予算内で

平屋が建てられるかどうかの観点で検討することをおすすめします!

 

では、具体的な金額はと言いますと、

新築で平屋住宅を建てる場合の相場価格は、

おおむね1,000万円前後~2,000万円だそうです。

あくまでも相場の金額です。

建築面積、使用する建材や設備のグレード、

建築工法、間取り、選ぶ建築メーカー、その他の要因で

金額は上下しますのでご注意くださいね。

費用が高くなりがちな平屋。

予算内で抑えるポイントをちょっとお教えしましょう。

 

まず、設計をできる限りシンプルにすることです。

複雑な設計を希望すると、それだけ人件費や材料費がかかり、

工事期間も長くなってしまうのです。

材料や設備もグレードを抑えることで、費用を抑えて予算内で建てることができます。

 

キッチンなどの水周りも、

メーカー名だけにこだわるのではなく、

品質やコストパフォーマンスも重視しながら設備を選んでいきましょう。

エコフィールドでは、お客様の好みと予算に合ったメーカーの商品を

プロの設計士がご提案させていただきますので、

お任せください!

 

続いて、費用を抑えるポイント2つ目は、

コストパフォーマンスを考えた設備を選ぶこと。

 

コストパフォーマンスを考えた設備というのは、

消費エネルギーよりも

生み出す、作り出すエネルギーの方が多い設備ということです。

例えば太陽光発電などを設置すること。

また、高気密高断熱の家で光熱費がかからない省エネの家も

コストパフォーマンスがいい家だといえると思います。

また、

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスというZEHを取り入れることで

より快適な室内環境にしたり

年間の消費エネルギー量をほぼゼロ以下にしたりするということが可能です。

これによって、費用を抑えるポイント3つ目

補助金・減税措置を利用できるようになります。

上記にも書きました、ゼロエネ(ZEH)の住宅を平屋で新築すると、

補助金だけでなく住宅ローンなどにおける減税措置も利用することができるようです。

 

例えば固定資産税では、

建物の所有者にかかる税金ですが

新築住宅に対する減税措置があります。

それは、

新築住宅の場合にある面積の要件を満たしていると

一定期間とはなりますが、

建物の固定資産税額の2分の1が減額されるというものです。

 

減税期間としては、一般的には3年間となります。

認定長期優良住宅に関しては7年間まで適用されます。

 

また

認定長期優良住宅では、

登録免許税の税率としても0.15%が0.1%へ引き下げとなります。

さらに

不動産における取得税の控除額が、

1,200万円から1,300万円に増額されますので、

住宅ローンの金額も抑えられます。

 

また認定低炭素住宅でも登録免許税の減税を受けることができます。

このようにより質の高い建物に関しては、

減税措置が適用できる可能性が高くなりますので検討してみてください。

いかがでしたでしょうか?

金額が高くなりがちで視野には入れていなかった、

憧れだけで諦めていた、

注文住宅で建てる平屋を

少しは建ててみようかなと思うようになれましたでしょうか。

私は将来大きな平屋に住んでみたいです~。

.

———————————————————————-

◇◆富士市で家を建てるなら『エコフィールド』へ!◆◇

☆エコフィールドって?

”富士市で自然素材を使った家づくりをしている工務店です。”

.

☆他社との違いは?
”『Air断工法』を取り入れた地球にやさしい家づくりをしている。”
.

☆新築だけなの?
”新築一戸建てはもちろん、リフォームやリノベーションもできます。”
”建てた後も安心!イベントやワークショップも行うアクティブな工務店。”

.
●エコフィールドリノベーション専用サイト『エコリノ』●

↓↓

 https://www.ecoreno-fuji.jp/

●家づくりチャンネル●

↓↓

 https://www.youtube.com/channel/UCN-G3JgKtKw_sGRhoygSANg