共に富士市内出身のFさんご夫婦。息子さんが生まれたのを機に、アパートを出て一戸建てに住もうと、新築を考えました。土地はご主人の実家の敷地の一部を使うことになり、家づくりはどこに頼もうか?と考えた際、真っ先に浮かんだのが奥様の妹さんご夫婦の家を建てたエコフィールドだったと言います。「妹の家は木のぬくもりが心地よくて間取りもよかったので、訪ねる度に、住みやすそうだなぁと思っていました。姉妹なので遠慮することもなく、水回りや収納なども何度も見せてもらっていたから、エコフィールドさんの家の良さはそれなりにわかっていました」。とはいうものの、大手ハウスメーカーも何社か回ったそう。「一生に一度の大きな買物なので、さすがに一社だけで決めるのは抵抗があり、いろんなメーカーの家を見学しました。最終的には間取りの良さと、押しつけがましさのない営業や設計の方の人柄で、エコフィールドさんに決めました」と、ご主人は語ります。

おふたりが特にこだわったのは、広い大空間と収納スペース、そして冬の寒さや夏の暑さ対策です。「うちは本家なので、今まではお盆や正月に隣接する実家に兄弟や親戚が集まっていました。しかし両親も歳をとってきたし、これからはみんなが集まる場所をここにしたいと思い、リビング、ダイニング、キッチン、和室がひとつにつながった大きな空間を設けました」。さらに寝室も続いており、1階だけで暮らしが完結できる造りになっています。「子どもが2歳、0歳と小さいので、リビングで寝てしまった時に、抱っこして階段を上り下りするのは大変だと思ったんです。じゃあ寝室も1階にしようって。2階は子ども部屋する予定ですが、今は家族4人、ほとんど1階で生活しています」 と、奥様はにっこり。

そして、収納スペースがとても多いのもFさんの住まいの特色。ご主人の趣味のレゴブロックや書籍類、奥様が使うキッチン用品や食器、子どもたちのおもちゃなど、予め収納する場所、モノを考慮していろんな場所にたっぷりの収納スペースを作っています。「建売住宅やマンションでは、後付けで収納スペースを設けると、どんどん部屋が狭くなってしまうでしょう。注文住宅ならそういう心配がなく、自分たちの暮らしに合った収納ができてすっきり暮らせます。エコフィールドさんは空きスペースなどを工夫して、想像以上に多くの収納スペースを作ってくれたので、私たちもとても満足しています」。

富士市内でも高台にあるFさん宅の周辺は、冬はかなり冷え込むとのこと。「目に見えない部分ですが、冬の寒さや夏の暑さ対策も重視しました。エコフィールドさんから、地盤熱と空気の性質を利用したエアコン1台で全室空調ができる新工法を勧められ、愛知県のモデルハウスも見学に行きました。夏の終わりに行きましたが、確かに家の中は涼しかったです。それで断熱工法の理論にも納得できたし、結露やカビが防げるというメリットに魅力を感じ、“Air断工法”という断熱方法を取り入れました」。また、新居で暮らすようになってから、2歳の息子さんにも変化があったそうです。「家の中を、いつもぐるぐると楽しそうに走り回っています。アパートの頃に比べてかなり広くなったから、大人も子どもも開放感が味わえるというか、精神的にリラックスできるんです」。

妹さんご夫婦がエコフィールドのOB様というご縁から、エコフィールドと出会ったFさんご夫妻。「大手ハウスメーカーや工務店も何社か打診した中で、エコフィールドさんに一番親近感が持てました。営業マンがすべての窓口という会社も多いのですが、エコフィールドさんでは営業の松永さん、設計の山口さんのふたりが揃って打ち合わせに参加してくれて、設計者と直接話ができて信頼感が深まりました」。そして、計画の進行を急かされることもなく、じっくり検討できたのもよかったとご主人は振り返ります。「素材選びなどで迷った時、こちらの気持ちを汲み取って、納得がいくまで考えてくださいと言ってもらって、ほっとしたこともあります。家づくりのパートナー選びは、会社の都合だけではなく、施主のことをちゃんと考えてくれる会社かどうか、見極めることが大切だと思います」。もうすぐ新居で迎える初めての夏。夏休みは家に親戚や友達を家に招いてのんびり過ごしたい…と語るおふたりの笑顔が、素敵な新居に良く似合っていました。

取材・文 Runaword 増渕礼子