代表取締役社長 強矢 到
代表取締役社長 強矢 到

皆さんこんにちは。今回は、最近ある経営者の勉強会で聞いた「運」の話を書きます。
テーマは「3つの運」でした。人は「3つの運」を持っているというのです。

一つ目は「天運」。生まれた環境など、自分では変えることのできない生まれ持った運(宿命とも言う)のことです。二つ目は「時運」。間が良い、悪いということがありますが、いつもぎりぎりでうまく行く人と行かない人との差みたいなところ、タイミングの良し悪しなどが「時運」でしょうか。そして三つ目が「人運」。人生、どんな人達と関わるかによって運気も変わるということです。言い換えると、人とのご縁です。

この三つに自分の人生(約60年)を当てはめますと、天運については、子どもの頃は社宅でずっと狭い家で過ごしていたので、「天運」に恵まれていたとはいえない環境でした。しかし、この社宅住まいの環境が、私が住宅産業の仕事に進むきっかけとなったのです。そして会社を辞めて独立起業した1993年は、バブルが弾け景気がどん底に落ちていた時期です。思えば、バブル期に創業して浮かれていたら今の自分や会社は無かったかもしれません。不況時にスタートしたからこそ、バブルを教訓に地道な経営ができたのでしょう。まさに「時運」に恵まれたのです。そして、今日まで経営が続いている理由は、「人運」に尽きます。

一人ひとりのお客様を大事にしようと心がけ、日々感謝の気持ちを持ち続けていたら次々に素敵なお客様たちと出会い、特に秀でた能力を持ち合わせていない私が、こうして従業員を従えて20年以上経営者を続けている。これは「人運」の力としか思えません。ちなみに、良い運を呼ぶ秘訣が以下の3つのことだそうです。

 

  1. 早起きをする
  2. 明るく元気な挨拶をする
  3. 何事にも感謝の心を持つ

 

嘘か誠かわかりませんが、運が悪いなぁと思っている方は試してみたらいかがでしょう。